MTB世界選手権大会 (エリート男子)

2010年9月 5日


結果  71位
開催日 2010年9月4日(土)
開催地 カナダ モンサンタン
天候  曇り後雨

コースプロフィール / コンディション 
横移動と上りのシングルが多いコース。石と根っこが多かった。
レース当日のコンディションはマッド。泥は無いが、石と根っこが滑る。トラクションやバランスがいる。周回数は6周+ループ2周。ループはきついメインの坂を使用。


レース当日は雨が降ったり止んだりの天気。コースは石と根が多く、トラクションやバランスが重要。
スタート直前、世界選という緊張も無く落ち着いてスタートラインに立てた。
スタートの笛が鳴り、レースが始まる。スタートはいつも通り。フランスでも良く見た光景。
メインの上りを終え、シングルへ。
シングルは大混雑。下りに入り、空いている迂廻路に入り転倒。試走で走った事の無いルートだったので、余計に焦って扱けてしまった。
一気に抜かれる。そしてリズムが一気に崩れ脚が止まる。心肺がイッパイになり順位がどんどん下がる。ループ2周を終えた時には順位は下がる所まで下がってしまった。一度落ち着こうと試みたが、気持ちと身体は戻って来なかった。毎回毎回根や石に引っかかり、自転車を押した。上りも踏めず、落ちていく一方。結局-3ラップ。
何もレースを走れなかった。何しにここへ来たのか分からない。

次の日、練習に行ったが脚は全然疲れてなかった。踏めていない証拠。全然追い込めてない。久しぶりにレースらしいレースを走って刺激にはなったが、全然追い込めなかった。
コンディションが上がり切ってない。インターバルが足りてない。レースが足りてない。こんな状況で世界選に挑んでしまった。
こんな悔しい事は無い。ゴール後は悔しいよりも虚しかった。こんな自分が情けない。
2周は全力で行く積りが、ループ半周で終わった。
こんなんでは終れない。こんなんで辞めたくない。次は絶対に勝ちたい。


使用機材
バイク    ANCHOR XHM9RS 440サイズ
ホイール   SHIMANO XTR
シューズ   SHIMANO SH-M310S
ヘルメット  OGKカブト レジモス フローズピンク
サングラス  OGKカブト プリマト フォトクロミック パールホワイト
ウエア    ウエイブワン
サプリメント ザバス

« Jシリーズ第4戦  さの坂 スノーハープ大会(エリート男子) | メイン | Jシリーズ第5戦 富士見大会 (エリート男子) »

  • ANCHOR
  • OGK
  • adidas
  • holmenkol
  • savas
  • SHIMANO
  • WaveOne