アジア選手権大会 (エリート男子)

2010年9月30日


結果  4位
開催日 2010年9月29日(水)
開催地 韓国
天候  曇り

コースプロフィール / コンディション 
前半は上り基調でアップダウンが続き、中盤はきつい坂が続く。
その後見事な程の直行の下り。その後は緩々とした平坦基調の下りと続く。
基本上って下る単純コース。周回数は4周。


スタートはハチャメチャ。スタートで幸平さんがペダルをはめるのを失敗し、後退。
自分は一瞬先頭に立つ。予想外・・・。
前日立てた作戦では、幸平さんを先頭にジャパントレーンを形成する作戦だったのだが、遭えなく失敗。
周りを見ていたら、あっという間に集団に埋もれてしまった。こういう時は自分が先頭で蓋をしなければ行けないのだが。しまった...。
その後、竹之内悠選手がスルスルと前に行き、蓋をして幸平さんを待つ。
幸平さんが追い上げ、先頭に追い付く。
自分はその間、少し後ろで集団に埋もれてしまう。

長くきつい上りに入り、皆のスピードが緩む。自分の得意区間。サクサク走り、トップに追い付く。
先頭のカザフスタンを抜き先頭に立った。何だか調子が良い。
カザフスタンの後ろに幸平さんも居るが、何だかきつそうに見えた。幸平さんの調子が悪いのが見て分かった。予想外だ・・・。色々考えながら、坦々と走る。
上り終わりでスピードを上げてみた。カザフスタンが離れた。
直行の下りを終え、平坦基調の下り区間に入る。少し行った所で幸平さんが追い付く。2人でパックになった。後ろとは20秒差で中国が2人。良い展開。余裕もある。

 幸平さんを先頭にしばらく行く。徐々に中国人の1人が差を詰めて来た。
まだ余裕が有ったので行こうか迷ったが、2人パックでしばらく走った。

きつい上りで中国1名が後ろに付く。自分の前に入られたので、抜かし返す。また抜かされ抜かし返す。そんな事を繰り返していたら、後ろから今度は香港が追い付いて来た。ややっこしい。3人で2位争い。
3周目に入り、自分が上りでミス。中国が行ってしまう。自分は3位で前の中国を追った。
しかし、きつい上りの最後で、またミス。4番を走っていた中国に追いつかれる。抜かされ、下りに入る。ピッタリ付けていたが、ラスト周回に入り、上りでまたミスした。疲れて上手くトラクションが掛けられない。そこからは見えていたが追い付けなかった。気持ちも少し切れていたのかもしれない。今回、身体はキレていたが、集中できなかった。


使用機材
バイク    ANCHOR XHM9RS 440サイズ
ホイール   SHIMANO XTR
シューズ   SHIMANO SH-M310S
ヘルメット  OGKカブト レジモス フローズピンク
サングラス  OGKカブト プリマト フォトクロミック パールホワイト
ウエア    ウエイブワン
サプリメント ザバス

« Jシリーズ第5戦 富士見大会 (エリート男子) | メイン | Jシリーズ第6戦 瀬女大会 (エリート男子) »

  • ANCHOR
  • OGK
  • adidas
  • holmenkol
  • savas
  • SHIMANO
  • WaveOne