Jシリーズ第6戦 瀬女大会 (エリート男子)

2010年10月11日


結果  6位
開催日 10月10日(日)
開催地 石川県白山瀬女高原スキー場
天候  雨

コースプロフィール / コンディション 
コンディションは、マッド。上りが1つある以外は、ほとんど平坦基調のコース。
芝生が水を吸って重い。トルクが必要。周回数は7周回。


今回はJシリーズ最後のレース。
コンディションは上げてないが、シリーズチャンピオンと、ナショナルポイントを賭けた大事なレース。アジア競技大会に向けても、気持ちの切り替えが重要になるレースである。

スタートからバイクが進まない。芝が水を吸い、進まない。上りに入り一気に行きたい所だが、あまりキレが無い。最初のシングルへは3番手で入った。途中2番手にもなったが、泥で踏めず減速。後退。
2周目から4番~7番辺りをウロウロ。泥で進まない。トルク不足、抜けないペダリングが出来ない。
気合でスピードを乗せるが、泥や重芝で減速してしまう。逆効果?スピードに乗せようとする事で体力を使うが、泥で減速してしまう。もっと一定でシックリ踏まないとダメだ。
上手く走れず、少しずつ集中力が薄れていく。これでは駄目だと思い直し踏み直すが、目に入る泥やトルク?の不足で、集中しきれない。
最終的には6位でゴール。課題の残るレースになってしまった。

今年はナショナルポイントとシリーズチャンピオンで1位になる事が出来たので良かった。レースの結果は良くなかったが、自分に足りないものも見えたので結果オーライ!
次で!! アジア競技大会に向けて、頑張るぞー!!!


使用機材
バイク    ANCHOR XHM9RS 440サイズ
ホイール   SHIMANO XTR
シューズ   SHIMANO SH-M310S
ヘルメット  OGKカブト レディモス フローズピンク
サングラス  OGKカブト プリマト・フォトクロミック パールホワイト クリアレンズ
ウエア    ウエイブワン
サプリメント ザバス

« アジア選手権大会 (エリート男子) | メイン | アジア大会 (エリート男子) »

  • ANCHOR
  • OGK
  • adidas
  • holmenkol
  • savas
  • SHIMANO
  • WaveOne