昨日のレースレポート

2012年3月25日


イスラエル最後のレースは最悪だった。

3日前のインターバルメニューのダメージ引きずって、グダグダになってしまった。

3日前のインターバルは、良い感じで出し切った。

結果、出し切ってしまった訳で。。。

いわゆる、出がらし?

 

良い練習が出来た時ほど、そのダメージがデカイ。

良い練習が出来た証拠だ。

しかし、良いレースは出来なかった。。。

 

は~。忘れよう。

忘れよう。忘れよう。

 

良い練習もしなければ行けないし、良いレースもしなければ行けない。

良いレースが出来た方が嬉しいが、だからと言って練習は妥協できない。

常に本気で行くしかない。

出がらしになる事を恐れず、自分を 常に出して行こう。

出して、出して、出がらしになろう!

 

Haifa Race (エリート男子)  UCI Classe- XCO

結果  11位

UCIポイント獲得数 8p

開催日 3月24日(日)

開催地 イスラエル Haifa

天候  晴れ

 

コースプロフィール / コンディション 

石・岩が多いコース。見ためきつそうなロックセクションと、上りの岩の乗り越えがきつい。

フランスの本拠地の路面にそっくり。

周回数は7周。

 

 

☆レポート

今回のレースは、UCIカテゴリー1。 ポイント獲得の大きいチャンスだ。

 

・レース当日

今日は晴れ!

しかし、自分は曇り。。。

3日前のインターバルメニューが響いてか、身体の動きが硬い。筋肉に柔軟性が無い。

アップの段階から、自分のイメージする動きが出来ない。ヤバイな・・・。

元気が無く、レース前なのにテンションが上がらない。

 

スタートの笛で、走り出す。

スタートは、とりあえず先頭を走る。

しかし、オフロードに入ると身体が付いて来ない。トラクションが掛けられず、ヘコヘコ。

そのまま後ろへとズルズル後退。身体が硬い。

追い込めてないのは分っているが、集中と気持ちが付いて来ない。

あ~。あ~。駄目だ。

集中、集中、、、出来ない~。

今の自分を責めても仕方がない。今自分が出来る事を!

お金出してもらって、ここへ来ている訳だから、出来る事はしなければ!

しかし、集中ができない。ん~。ん~~。

せめてレースを楽しめれば、集中が戻ってくるのだが。楽しめない。

 

そのまま周回を重ね、レースは終了した。

全然レースした気がしない。実感が無い。

楽しくないし、追い込めないし、レースしたって感じが無い。

本当にレースしたのか?いや、これはレースとはいえない。

この感覚は、正しくない。早く忘れよう。 次が自分のレースだ。

 

 

★今日の反省

・疲れているなりに、それなりの走りが出来なかった事

・集中が出来なかった事。

・調整が出来なかった事。

 

 

平野星矢

 

 

使用機材

バイク        ANCHOR プロトタイプ
コンポーネンツ  SHIMANO XTR

ホイール      SHIMANO XTR
フォーク      SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル        
SHIMANO PROシマノプロ
ステム         
SHIMANO PROシマノプロ
シートポスト      
SHIMANO PROシマノプロ

サングラス       KABUTOOGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット        KABUTOOGK)レジモス スペシャル・チームカラー
シューズ       SHIMANO SH-M315E

インソール       友永さん特性インソール (ERGOMOTION) エルゴモーション!

ウエア         Wave One

サプリメント      サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

ピット イン リキッド・ SAVASスポーツウォーター・パワーアミノ2500。 

 

全然駄目だ~。


レース全然駄目だった。

こんなにやる気が出ないレースはお久しぶりだ。

 

レース前だというのに、やる気と興奮が全然出て来ない。

スタートはとりあえず先頭走ったが、後はグダグダ。

お金を出してもらい、ここへ来ているので、やる気が出ないでは済まないが、

やる気と力が湧かない。疲れてる。

疲れてるのは仕方ないが、集中が出来ない。

体の動き悪く、カチカチした動きになる。 ん~。ん~~。

頑張れてない。。。悩んでも仕方ないので、頑張ってるフリして走った。

 

ちきしょう。

今日は全然レースした感じがしない。 実感と快感が無いぞ。

しかも悔しくない。

 

本当にちきしょうだ。

イスラエルは、全部駄目だった。

今年の調子は悪くないが、噛み合わないや。

まあいいや。

自分責めても、悩んでも、良い方向へは行かない。

適当に生きよう。そして熱く萌えよう。

 

つぶやき

2012年3月23日


疲れてる。ヤバイ。。。

レースに向け全力回復。 全力レース。

最近の写真


今しかネット無いので、最近撮った写真を~

 

P3060177.JPG

マルセイユのビューポートで食べたランチ。

 

P3100181.JPG

20歳以上限定です。

 

P3140184.JPG

イスラエル遠征の前に届いた贈り物の数々。

 

P3140186.JPG

最近開発された、常温にて保管可能な"魚の干物"

 

P3140187.JPG

Xiケータイの取り扱い書。

あざーっす! 頑張ります。

 

20120318_052131.jpg

イスラエルの宿泊アパートメント。

3階のテラスが僕らの部屋です。中は綺麗です。

 

20120318_052000.jpg

ホテルから出ると、こんな風景が見えます。

目の前のカフェで食べた、クロワッサンにチーズとニラ入れて、揚げたような食べ物が、とても不味かった。

カルチャーショックだ。 この食材でよくこの様な物を作るとは。。。恐るべし!

P3180197.JPG

カフェのテラス?

 

てな感じ。

では、では。

明日試走して、土曜日にレースして来ます。

それでは、また。

先週のレースレポート

2012年3月22日


Maalot International - Maalot (エリート男子) UCI Classe- XCO

結果  6位

UCI獲得ポイント 8p

開催日 3月17日(土)

開催地 イスラエル Maalot

天候  曇り時々雨

 

コースプロフィール / コンディション 

コースは、雨でぐちょぐちょのマッド・コンディション。路面は肥えていて、土

質は日本にそっくり。

最初に長いアスファルトの上り。その後、更に泥の上りが、押・担ぎで続く。

その後は細かいコーナーとアップダウンが続く。

周回数は6周。

 

 


レポート

 

今回初めて訪れたイスラエル。

今回の目的も、UCIポイントの獲得を目的とした遠征。

南アフリカのワールドカップを出ずに、オリンピック枠確保に従事した遠征だ。

 

・レース当日

今回のイスラエル。

暑くて乾燥した気候と、石が多い荒れた大地を想像していたが、予想を裏切られ

た。

路面は、石は多いが日本に近い土質で、なおかつ雨が多く、今回はマッド・コン

ディション

 

アップを済まし、スタート位置へと着く。スタートコールは5番目で、最前列。

今回はワールドカップと重なっているので、レベルは低いはず。

スタートは1番手を走ると決め、スタート。

アスファルトの上り終わりを1番手で走り、予定通り。

軽く下ってからの長い上り。ガレた所で1度押しが入る。

その後、走り出したが、トラクション掛からずに足を付き、即効で押しへ入る。

駄目だ。どんどん後退する。

長いシングルへと入り。 もう抜かせない。 ガンガン行きたいが、泥で空回り。

ああ。最悪だ~。 でも後悔しても仕方ない。出来ると思ってチャレンジした結果

が失敗だっただけだ。

後悔は先に出来ないから、仕方がない。 後悔先に立たず。 後悔後でする。

と言う事で、後悔はレース後にしよう、、、と思いつつも、なかなか集中が出来

ない。

集中が出来ない理由は、泥でリズムが狂うから。

どうやらバランスのとり方が違うようだ。 フロントでバランスや、方向を変えて

は駄目なのかな?

色々と考えつつ、いろいろと試しつつ、周回を重ねる。

しかし分らん。 リズムが悪い。 上りでのチャレンジが尽く失敗。

あ~! もう嫌!! フラストレーション溜まり過ぎてリズムが悪い。

面倒くさいから、上りという上りは押しで走る事にした。しかし、それからはリ

ズムが良くなって来た。 グダグダするより、とっとと押した方が楽みたいだ。

レース最初は押しもきつかったが、押しとキッパリと決めて走れば、リズムも

楽。

そして押し続けるうちに、自分の中に眠れる押しの可能性に気づく。

これは競歩に近い感じ? 骨盤を使い押す感じ・・・。才能が開花? 勘違い?

もうこの際、勘違いでも良いや。 自分のビートが動き出す。 押し命!

リズム取り戻して、気持ち良くなってきた。1人ヨガリMAX!!

 

最終的には、6位でフィニッシュ。

クラス2なので、ポイントは8P・・・。

ちきしょう!

明日もレースなので、自分頑張ります!

 

 

 

~@~@~@~@~@~@~@~@~@~@~@~@~@~@~@~@~@~@

 

 

 

Misgav Race - Misgav (エリート男子) UCI Classe- XCO

結果  8位

UCIポイント獲得数 4p

開催日 3月18日(日)

開催地 イスラエル Misgav

天候  曇り時々雨

 

コースプロフィール / コンディション 

ハイスピード区間が多いコース。フラット区間が多く、集団走行有利。

プッシュする所が多く楽しい。 コース中盤に長い上りがある。 コースの路面は

固め。

周回数は7周。

 

 

 


レポート

 

今日で2日連続のレース。

今日のレース目的も、当然UCIポイントの獲得が最大の課題。

と言う事で、今日もゴール目指して全快走行!

 

・レース当日

今日は晴れ!

気温は暑くも無く、寒くも無く。いい感じ。

路面も程よい湿り気があり、路面はグリップする。

アップがてらコースを試走、何となくコースのイメージをインプット。 スター

ト位置へと着く。

 

スタート位置は最前列。昨日と代わらないメンバー。

今日こそはシングルの下りを1番手で入りたい。

そしてスタートの笛が鳴り、スピード区間に入るまでに3番手、シングル前の上

り終わり・踏み所に備える。

今日は風が強く、フラット区間が長いので、不用意に先頭を走れない。

そして、ここだと思う所で前に出る!

が、、、出所を間違えた~。 コースはうろ覚えだったので、踏み所を間違えた。

結局また抜かされシングルへは3番手。

 

シングルは皆速く、前と離される。みんな確りと試走済みか? 詰めるのに体力使

う。

レース終盤に入り、コースにも慣れてきた。前半は踏む感じで、後半は脚を回す

感じで走れた。スムーズさを意識して走ったので、上りと下りのスキルアップに

少しなったと思う。

 

最終的には、8位でフィニッシュ。

クラス2なので、ポイントは4P・・・。

 

ちきしょう×2!

今日もポイント獲得が少々。 自分もっと頑張る!

来週のレースは、カテゴリー1。 来週は荒稼ぎしたいものだ。

 

 

 


 

平野星矢

 

 


使用機材

バイク       ANCHOR プロトタイプ

コンポーネンツ  SHIMANO XTR

ホイール     SHIMANO XTR

フォーク     SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)

ハンドル SHIMANO PROシマノプロ

ステム SHIMANO PROシマノプロ

シートポスト   SHIMANO PROシマノプロ

サングラス KABUTOOGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT

調光

ヘルメット KABUTOOGK)レジモス スペシャル・チームカラー

シューズ    SHIMANO SH-M315E

インソール 友永さん特性インソール (ERGOMOTION)エルゴモーション!

ウエア     Wave One

サプリメント  SAVAS(明治製菓)

ピット イン リキッド・ SAVASスポーツウォーター・パワーアミノ2500。 

 

 

 

  

休養日が・・・。


休養日の朝は、練習が無いのでゆっくりと寝れる事が出来る。

そして今日は休養日。今日はゆっくりと。。。と思っていたが、怒りで目を覚ました。

原因は蚊だ。

10箇所以上を挿されて、いつもよりも早い朝の5時半近くに、怒りに震えて目を覚ました。

かゆくて寝れない。そして耳元でうるさい。

 

仏の顔も三度まで。

10箇所挿されたから、仏の顔は今に至ってはランボーに近い。

ランボー怒りの目覚め・怒りのイスラエル。と言った感じだ。

 

朝のコーヒー入れながら、蚊5匹程に鉄槌を、

報いは確りとうけてもらう。

 

昨日はインターバルだった。

(30秒ダッシュ、30秒休み)× 15本のインターバルを、3セット。

それなだけに朝はゆっくりしたかった。

リラックスの朝が、怒りへと変わってしまった。 せめて昼はゆっくりしよう。

 

エルサレムを観光

2012年3月19日


金・土曜日のレースを終え、日曜日は休養日。

という事で、日曜日はエルサレムの観光へ行って参りました。

普段ブログには写真が無く、写真付けろと言われるので、

今回はこれでもか!と付けまくったぜ!

ホテルにインターネット環境があると良いよね~。

 

 

それにしても、イスラエルは僕の予想を裏切り、緑が多い。

灼熱の乾燥した気候と、荒れた大地を想像して来たが、、、

P3180208.JPG

車内から外を眺めると、そこにはいつも緑の大地が広がる。

黄色い菜の花が咲き、日本の春に近い物がある。

海も空も真っ青で綺麗。。。 最近は春を日本で向えていないので、なんか嬉しい。

 

エルサレムに着き、観光開始。

20120318_103438.jpg

 

観光中の時君

20120318_103502.jpg

ターバン買ってご機嫌のビクター。

20120318_104049.jpg

ん~。アラブっぽい。。。

20120318_104056.jpg

山賊にしか見えないけどね。

 20120318_113928.jpg

The 観光客。

20120318_105204.jpg

観光!観光!

20120318_105728.jpg

観光大好き!

 

嘆きの壁 。ユダヤ教の聖地かぁ・・・。 20120318_113526.jpg

 嘆きの壁の場内。 変な髪形の人がイッパイ。

ユダヤ教の人の格好らしいが、まるでハリーポッターの映画で出てくる人物みたい。

20120318_113538.jpg

たぶんハリーポッターのイメージはここから来たのだろうなぁ。

近くで写真撮りたいけど、なんか失礼に中りそうだから、遠目から。。。少しだけ。

 

商店街内?

20120318_114427.jpg

いろいろ雑貨がズラリと、

20120318_114418.jpg

お菓子

20120318_114454.jpg

1つだけお買い上げ。美味しかった。

味は、ゆべしに、砂糖多目の、固めと言った感じ。

分り辛くて、すみません。

20120318_120905.jpg

これも雑貨

20120318_121054.jpg

あれも雑貨

 

 

彼が見つめる先には・・・20120318_105741.jpg

パレスチナ自治区がある。

20120318_105748.jpg

わずか数キロ先にパレスチナが在るらしい。

本当に直ぐ隣だ。

P3180209.JPG

ビクターが近くまで行けるそうだから、車で行くぞ~。ってな感じで・・・

20120318_125619.jpg

あ。壁だ。。。

20120318_125733.jpg

こんな近くまで来れるものなんだなぁ、、、

P3180217.JPG

壁沿いを走る。 え、、、まだ行くのと思いつつ 

一般の人も走れるんだ・・・。

P3180216.JPG

果敢に話しかけるビクター。

いやいや。駄目でしょう。

まあ、観光客丸出しなので、警戒されず大丈夫だけど。

 

そして、その隣で

P3180215.JPG

飯を食う馬? なぜこんな所に馬?

ゴミを漁ってるし。 不思議だ。

 

そして、Uターンしてそのままホテルへと帰った。

いや~。 今日は色々と、普段見る事が出来ない物を見たなぁ。

 

観光には満足した。

しかしレースは満足してないぞ! 後はレースで満足するのみだ。

次のレースは土曜日! もがき切るぞ~!!

 

 

イスラエルは、、、

2012年3月18日


以外に雨が多い。

毎日のように雨が降り、大地は緑と黄色い花が咲き乱れていて春を感じる。

イメージしていたイスラエルと全然違う。。。

大地は肥えていて、畑は潤い。 雲と青空。 レースは泥々。にゅるにゅる。

 

金曜日のレースは、マッドコンデションで押し大会。

土曜日のレースは晴れたが、1周目でリアブレーキのオイルが噴出し、前輪ブレーキのみの、下りの練習になってしまった。

バイクの輸送中にトラブッたかな?

 

まあ、何はともあれ。

トラブルとレースは楽しい。

それと初めてのイスラエルは楽しい。

新しい文化を覗くのは、ワクワク・ドキドキする。

 

金曜日のイスラエル初戦は、UCIカテゴリー2とは思えない適当さだった。

コーステープの張り方も雑だし、何かと雑だ。 そして何より雑だ。

これは決して批判ではない。

この適当さ好きだし、、、

でも、これなら日本でもカテゴリー2のレースが出来そうだ。

後はライダーのレベルが上がれば、開催が出来ると思う。

という事は、 自分よ。もっと頑張れって事か・・・。

 

来週もイスラエルで、UCIレース。

今度はカテゴリー1。

ワールドカップ行かずに、イスラエルへポイント稼ぎに来ているので、ガンガン頑張ってポイントゲットしないとね~。

 

 

※金曜日 UCI‐2 6位

  土曜日 UCI‐2 8位

水曜日からは、今度はイスラエルへ・・・

2012年3月13日


今週はイスラエルへ行きます。

水曜日出発で、金・土曜日に2連チャンでレース。

 

イスラエル・・・。

どんな所だよ(笑)

エルサレムが在って、色々と深い問題が在るのは知ってるけど、、、

どんなレースになるのだろう?

まあ、こちらの方は特に深い問題は無い。

ただ、追い込むだけ。

そして何より楽しむ。楽しみ。

簡単だ。

 

初めての国なので、雰囲気が楽しみ。

時くんの初めてのレースがイスラエルなのにはウケるけどね~。

 

 

鴇到来

2012年3月 8日


ついに時君がフランスに到来。

そして、その1日前には雷太さんがフランスに来て、久しぶりに沢山日本語を喋った。

昨日には雷太さんは帰り、今日は時君と2人で買出し&カフェでネット。

午後からは練習だ。

 

それにしてもビクターが来ると騒がしいというか、何というか。。。

疲れるね。

ビクターも昨日帰ったので今日は静かにゆっくり出来る。

今日からゆっくりと来週のイスラエルの遠征に向け、落ち着いて練習が出来る。

しかし、時くんの初めてのレースがイスラエルというのはウケる。

初っ端から大冒険だ。

 

それでは、また。

 

 

頭ヤバイ

2012年3月 6日


マジでお疲れ様(自分)。

ポルトガルのレース。今回はマジ出し切って、ヘロヘロ。

そしてその足で、ポルトガルからフランスまで夜通し・昼通し移動。

15?16?何時間だか知らんが、フランスまで不眠・移動。

レース疲れ。移動疲れ。眠れず疲れ。メールboxのパンドラの箱開けて愕然。

でも一応ブログ更新。

 

という事で、先々週と先週のレースレポートとりあえず?

的な感じで、貼り付け。

 

Portugal Cup XCO - Silves (エリート男子)  UCI Classe2- XCO
結果  リタイア
開催日 2月26日(日)
開催地 ポルトガル
天候  晴れ
コースプロフィール / コンディション 
とにかくきつい上りが多く、コース幅が狭い。ちょこまかしたコーナーと、狭いシングルが永遠と続く。
乾燥したパサパサした路面。小さい石が多く、グリップが少ない。
ラインも限られ、キャンバーが多い。そしてとにかくコース幅が狭い。
1周の距離が5.5km。周回数5周。テクニカルフィードゾーンは1ヶ所。
スピードが余り出せないコースレイアウト。今時のUCIレースとしては珍しいコースレイアウト。


☆レポート

スタートはまたもや失敗。ペダルを上手くはめられず、出遅れ。
でもスタートの走り自体は良い感じだ。
最初の上りに入り、前の人との差を埋めようとするが、トラクションが上手く掛けられず詰め切れない。
次の上りに入り、積極的に踏みたいのだが、やはりトラクションが上手く・・・。
焦りとスタートの疲れもあり、余計トラクションに欠ける。
踏もうという気持ちが先走る。
踏む余裕はまだある。でもトラクションを掛ける余裕が少ない。

下りに入り、オフキャンバー気味のコーナー。
掘れたラインを外してからの、インへの切込みでタイヤがパンクして即死。
担いでテクニカルエリア目指して走るが、テクニカルエリアを過ぎた後だったので遥か先。
後ろから来るライダーに、「退け!退け!」言われ退くが切が無い。 違うクラスのライダーも同時スターとだったので、人数がやたら多い。
しかもコースは、ほぼシングル。 ラインは1つ。 コース幅狭く、コーステープを張っている棒にめっちゃ引っ掛る。
走る時間が7割だとすると、コース譲る時間が3割だ。

スタート地点に着き、落ち着いて周りを見わたすと、
これからまだ続くコースと、その反対側に見えるテクニカルエリア。
後ろから迫る、トップ集団。
これ以上担ぎで走っても、バイクに乗れないとのでは意味が無いと思った。
次のレースと練習に差し支えるので、リタイアする事にした。
自分でリタイアするのは満足いかないが、次のレースも駄目ではもっと満足がいかない。
仕方ない。切り替え重要!


★今日の反省
・スタートでペダルを嵌めるのを失敗した事。
 気合い入れ過ぎたか?
・上りのトラクション。
 手足が短い性かな?


次週もポルトガルでレース。今度こそは自分の力を出し切る!
燃え尽きて、レース後に美味しいご飯を食べる!!

平野 星矢


使用機材
バイク      ANCHOR 29プロトタイプ
コンポーネンツ SHIMANO XTR
ホイール     SHIMANO XTR
フォーク     SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル       SHIMANO PROシマノプロ
ステム        SHIMANO PROシマノプロ
シートポスト    SHIMANO PROシマノプロ

サングラス    KABUTO(OGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット     KABUTO(OGK)レジモス スペシャル・チームカラー
シューズ     SHIMANO SH-M315E
ウエア      Wave One

サプリメント   SAVAS(明治製菓)
ピット イン リキッド
SAVASスポーツウォーター
パワーアミノ2500

 

~~~~~~~~~ レースレポート第2段 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

Portugal Cup XCO - #2 - Povoa de Lanhoso (エリート男子)  UCI Classe- XCO

結果  8

開催日 3月4日(日)

開催地 ポルトガル

天候  晴れ

 

コースプロフィール / コンディション 

細かいつづら折れの、上り下りが多いコース。シングル率が多く、長い上りが最後に1つ。

前日から当日の朝まで降り続いた雨によって、コースコンディションはマッド。

周回数は6周。

 

 

☆レポート

 

今回のスタートは、良い感じ。

いつもより余裕を持つように意識。あまりペダルを嵌めるイメージ持たずに、自然にスタートするようにした。

良い加速感を味わいつつ、余裕を持ってスタートループを走る。

スタートでは、もっと前を走りたかったが、今回は2列目スタートだったので前へ出辛かった。

雨で路面がスリッピーなので、リスクを避けてチョイ後ろを走る。

 

シングルに入り、10番手くらい?

コーナで突っ込んで来た奴に前へ入られる。突っ込んで来た割には、前の人との車間距離を開ける。抜かして、前に詰める。

長い上りに入り、前の選手が詰まる。路面状況がやや悪いので、抜かし辛い。

その間に、前の集団が~。退いてくれ~。

 

2周目に入り、集団に追い付けず1人旅...。かと思っていたら後ろから新手現る。

プレッシャー受けるのは嫌いなので、長い上りで立ち漕ぎ祭り。

千切る事に成功したが、胃が痛い。でもアドレナリンとドーパミン出ているので大丈夫。

これが出ている間は、苦しくてもよく分らない。

でもザバスのボトルとリキッド・ジェルが飲めないのが痛い。

 

3周目からは、良くある1人旅。

1人旅は好きだ。自分のビートを刻めるから。(でもどうせならトップ走りたい。) 

「落ち着いて息を整えよう」と思いつつ、「落ち着いたらアドレナリンとドーパミンが引いてしまうから、落ち着いては駄目だよ」と、頭で格闘しつつ走りを進める。

 

※今回も女子エリートと合同の、同じ時間帯でのレース。

2周目からは中々走り辛い。

みんな同じ条件だと思いつつも、タイミング悪い所で前詰まるとあまり良くないよね。

上り返しの勢いで行く所とかは特に。

 

4周目。そろそろ補給を確り取らないとマズイ。

コース序盤にあるフィードでリキッド・ジェル取ろうとするが、こういう時に限ってビクターが焦ってリキッド・ジェルを落す。

しかし、そのジェルを必死で拾って渡そうとする姿に感銘を受け、気持ちを受け取る事に成功?

その周回、最後の長い上り途中にもフィードゾーンがあるので、そこでリッキド・ジェルを受け取るが、何しろ上り途中。とてもでは無いが飲み込めない。

SAVASのリキッドは飲み易いし美味だが、酸素吸うのに必死過ぎてジェルが吸えない。間違って肺に入り兼ねない位きつい。

 

5周目。アドレナリンがストップ。

こうなると精神的にきつい。そして力が出ない。

エネルギッシュに、ダイナミックに走りたいが、もうヘナヘナ。下りも上りも身体に力が入らず、元気が湧かない。ポイントが掛かっていると自分に言い聞かせても力が出ない。

仕方がないので、後はアドリブ。

 

6周目。後ろからライダー2人が迫るが、力湧かん。

1人に抜かされるが、攻撃力・防御力はほぼゼロ。 HPも後わずか。

残りのHP使って、自分の走りにだけ集中するしかない。 抜かされてもシカト。

どうにか、もう1人のライダーには抜かされずに済んだ。

8位でゴール。

 

 

 

★今日の反省

・スタートでもう少し前へ行けなかった事。

 その差で序盤の先頭集団に加われるかが、決まる?

・補給が不足だった事。

 序盤の確り補給で、後半も粘りある走りへと繋がる?

 

 

来週はレースたぶん出ないので、2週間後のイスラエルのレースに向けた練習を確りして、その後の成長へと繋げたい。

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク      ANCHOR 29プロトタイプ
コンポーネンツ SHIMANO XTR

ホイール     SHIMANO XTR
フォーク     SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル      
SHIMANO PROシマノプロ
ステム        
SHIMANO PROシマノプロ
シートポスト   
SHIMANO PROシマノプロ

サングラス    KABUTOOGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット     KABUTOOGKレジモス スペシャル・チームカラー
シューズ     SHIMANO SH-M315

インソール   友永さん特性

ウエア      Wave One

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

ピット イン リキッド

SAVASスポーツウォーター

パワーアミノ2500

 

なぜだ!?

2012年3月 4日


なぜか疲れMAXで追い込めない今週。

木曜日は追い込みの日であったが、また追い込めずに終わった。

なぜだ!? なぜ追い込めない? なぜ疲れている?

先週のレースは1周目リタイアで、全然走ってないのに。

普通なら疲れていないはずだ。しかし疲れている。

この疲れはなんだ!?

 

追い込みだというに、全然力が出ない。

パワーが出ない。乳酸も出ない。筋肉が収縮しない。

ダラダラながら、とりあえずメニューを1セット。

2セット目。さらに力でない。

とりあえずペダルに全体重を乗っけて、トラクション・フォーム無視して踏むが、力が無い。へなへなだ。

セット途中で立ち止まり、考える。 いつもと違う疲れ。乳酸が出ずに追い込めない。

ああ。先週のレースでランニングし過ぎたせいだ...。だぶん。

トルコのレースも後も同じ様な感じの疲れだった。その時もランニングをたくさんしたな。

 

ちきしょう! レースをリタイアでポイント・経験値ゲット出来なかったばかりか、今週の貴重な練習までも失ってしまった。

残るは今週のレースしかない。

もう全力で回復するしかない。

そして全力を出し切るしかない。

そして良い思い出を、ここポルトガルへ刻み、フランスへと帰りたい。

苦い思いでも良いが、甘い思いでもないと苦い思い出が引き立たない。

明日はレース。 明日は良い思いで・楽しかった思い出を作る。

 

そして今までビクターやフェリックスとの遠征が続いたが、来週からは時君も合流する。

新しい生活が始まる訳だ。

その前に1度、ここに思い出を残して行くぜ!

 

それでは、また。

レース頑張って来ヤス。

あばよ!