今更

2012年6月22日


今更ですが、全日本と八幡浜のレースレポート貼付けておきます。

そして最近、レポートの事で気がついた事が少し。
周りから指摘で気がついた事なのだが、僕のレースレポートは内容が暗いとの事...(笑)。
実際4月位から、日本へ帰る少し前まではモチベーションが下がってしまっていたが、その前に関しては、明るく・元気100倍だった。
今も元気だ。
今は身体を作り直せる事に、ゾクゾク・ワクワクしている自分がいる。

そんな僕ですが、今頃になってレポートを見返しても、特にと言って暗い感じは無い。
でも気がついた事が少し。
それは、思い通りに行かない事・失敗などを平気でバンバン書いている事。
失敗や調整ミス、トラブルなど続々。。。
僕のレポートが暗い原因は、これだな!!

僕にとってのトラブルは、ワクワクする人生の一部であり、これと言ってマイナスは無い。
これ程素晴らしいトラブルも人生で巡り会える事は無いだろう。
普通であったら、巡り会える事の無い出来事だ。

しかし、失敗ばかりしていると思われてしまうのも問題だなぁ、、、
改めて確りと成功例も配信できるようにして行こうと思いつつ、もっと正面な面白いレポートを書けるよう努力しようと思う。

と言いつつ、面白みと元気に欠けたレポートを貼付けておきます。
実際元気無かったしね(笑)

と言う事で、元気の出る面白い目標に向かって行くとしよう。
南アメリカに向かって! 100%の航海をしようと思う!
そういう航海ができたなら、後悔は無い。
例え、到着した先が南アフリカでも!
まあ、それはそれでウケる。
・・・ウケないか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Jシリーズ #2 八幡浜大会 (エリート男子)  UCI Classe- XCO

結果  5位

開催日 5月27日(日)

開催地 日本 愛媛県八幡浜市 スポーツパーク

天候  晴れ

獲得UCIポイント 1P

 

コースプロフィール / コンディション 

3年前に出場した時と変わらないコースプロフィール。

前半はコーナー、後半は根っ子が多いコース。

周回数は6周。

 

 

☆レポート

 

久しぶりの日本のレース。

自信は無いが、元気イッパイ。

最近は、また元気が出て来たので、良い状態でレースに挑めたと思う。

 

スタートラインに立ち、久しぶりに緊張している。

海外のレースには慣れてきたが、逆に日本でレースに出る事に関しては不慣れになってきた。

あと、元気と活力が出て、興奮が戻って来たのだと思う。

 

・レース開始

スタート直後は、3〜4番手。

先頭を走るのは、幸平さん。 間に1人入って、自分は3番手。

フラットのアスファルトで様子を見つつ、タイミングを計ってシングル手前で踏んで前に入ろうとするが、幸平さんもタイミングに合わせて踏む。

シングルには2番手で入る。

シングルでも幸平さんがコントロールをして、落ち着いた感じでレースが進んで行く。

 

シングルの上りを終え、グラウンド横のバックストレートに入る。

ペースが少し緩み、幸平さんの後ろで息を整えようか迷ったが、幸平さん先頭で上りに入るのが嫌だったので前に出て走った。

桜坂に入り、上りの後半の急斜度で、幸平さんが前に出ようとして接触。

バイクを押して、シングルの下りまで走る。

その間に、和さん・建さんが前に入り、自分は3番手。幸平さんは4番手。

下りを終え、アスファルトの上りに入る。

アスファルトの上りでダンシングし、前へ追いついて先頭走るが、途中また幸平さんに抜かれる。

上り終わり、タイミングを見計らって前へ出てみたが、実はまだ上り終わりではなかったみたいで、乳酸が出て減速。再度抜かれて乳酸が...やばい。

上り終わりで抜かす体力なく、そのままアスファルトの下りへ入ってしまうが、思ったよりはゆっくり下っていたので、とりあえず抜かして先頭でシングルへ入る。

 

シングルを抜け、スタート・ゴールエリアへ入る。

やばいな〜。結構きついなぁ。。。

アスファルトの上りに入り、3人が前へ出る。

分かっていたので、付いて行きたかったが、どうにも身体が動かない。

前と少し開いて、シングルへと入る。

前との距離は少しだが、身体がきつくて前へと詰められない。

しかし、途中のコーナーで幸平さんが落車していた。

その間に自分は2番に付けるが、コースが狭く先頭へは行けなかった。

上りに入り、やはりきつい。

グランド横のバックストレートへと出るが、そのまま後方へズルズルと後退して行く。

桜坂を越え、下りを終え、上りへと入る。

そのまま、さらに差は開きズルズル。あ〜。

 

3周目へ入り、1人旅。前を追う力は無い。

途中、後ろから抜かれても,もう力が無く、反応が出来ない。

 

4周目。まだ回復出来ない。

身体の反応は重いままだ。

 

5周目。やっと身体の反応とリズムが良くなって来た。

しかし、もう脚が無いや。お尻の筋肉がやばい。

最近は踏む練習が出来ていなかったので、特に勢いが無いように感じた。

 

6周目。最終ラップ。

前半のシングルコーナー区間で、ラインをミスして転倒。

デジャブーなコーナーが多くて、どうも覚えれないなぁ。

またリズム崩してしまい、後半の上りが上手く上れなかった。

 

結果は5位。

あ〜。残念で仕方ない。

もう少しコンディションを合わせて行きたかった。

それでも前半は、抑える事なく、勝つ為の可能性に賭ける事が出来たので、楽しかった。

 

 

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク      ANCHOR プロトタイプ
コンポーネンツ SHIMANO XTR

ホイール     SHIMANO XTR
フォーク     SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル      
SHIMANO PROシマノプロ
ステム        
SHIMANO PROシマノプロ
シートポスト   
SHIMANO PROシマノプロ

サングラス    KABUTOOGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット     KABUTOOGKレジモス スペシャル・チームカラー
シューズ     SHIMANO SH-M315

インソール   友永さん特性インソール! (ERGOMOTION) エルゴモーション!

ウエア      Wave One

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

ピット イン リキッド

SAVASスポーツウォーター

パワーアミノ2500



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

全日本マウンテンバイク選手権大会 (XCOエリート男子)

結果  6位

開催日 6月3日(日)

開催地 日本 富士見パノラマスキー場。

天候  晴れ

 

 

コースプロフィール / コンディション 

いつも通りのコースプロフィールより、少し上りが多くなったように感じた。

周回数は7周。

 

 

☆レポート

 

 

朝の自転車に乗った感覚は悪かった。

コンデションが上がっていない状態であると同時に、その日の調子も悪いのは何となく感じた。

しかし、まあ今さら気にする事ではない。

踏んで、駄目な時は駄目だし。 感覚が疲れていても、踏んで進むのであればOKな訳だ。

僕が考える事ではないので問題無し!

判断は筋肉さんにお任せします!

それで駄目なら諦める!

今日やれる事を、やる事をやるだけ。

 

会場に到着し、アップを終えスタート地点に着いた。

もうやる事をやるだけだと思っているからか、緊張は特に無い。

いつも通りだ。スタートまでゆっくりと待つ。

スタート15秒前。

 

息を整えて、ペダルを踏み出す。

スタートの踏み出しは上手く行った。

少し様子を見ながら、最初は少し抑え気味で走るが、、、余裕は無い。

少し切れが悪いように感じた。シングルへは3番手で入る。

少し距離が開いてしまったが、焦らないよう言い聞かせて走るものの、前との距離はどんどん開いていく。

焦らない様に意識し、上りで追い付こうと考えて走っていたが、身体が動かない。重い。

後ろから抜かされても、反応できない。

どんどんと後退し、2周目に入る頃には6番手まで後退。

想定していた最悪の事態だ!!!

 

それでも、このような状態に追い込まれる事も一応想定していたので、ここから上手く持ち返す事に集中する。

しかし、身体はキレがないまま2周目を終えようとしていた。

順位も同じまま。。。

 

良い方向で考えれば、この状況で順位が下ってないだけマシだ。

でも、ここから上げて行けなかったのは少し想定外だった。

スタートをブチかまして無いのでないので、予定ではもう少し反応が良いと考えていたからだ。

これはマジでイケてないぞぉぉ!

 

こうなってしまったからには、戦い方もクソも無い。

とにかく踏むに限る!

こういう時は何をしても走れないものだからね。 脚回しても、踏んでも上手くは行くまい。

そう思ってからは、コンデションを上げる練習だと思って走った。

全日本で、そういう訳にも行かないが、今やれる事はそれ位であろう。

 

周回数を重ね、最終回へと入る。

最後に確りと追い込んで終わりたい所だが、身体の反応は相変わらず一緒だ。

この状況に置いて、今日やれる事は全てやった。

問題は身体が付いて来ない事であり、今現状・今日のコンデションに置いて、今の自分がやれる事は全てやった自信がある。

この全日本という大事なレースに、自分のコンデションを合わせる事が出来なかった悔しさはあるが、今の自分の自信に、悔いは無い。

 

 

 

結果は、6位。

ああぁぁ、、やっぱり悔いが残る。

でも今日に悔いは無い!

 

応援ありがとうございました!

スポンサーの方々。

会場で応援して下さった皆様。

最後まで応援頂き、ありがとうございます!

 

後半戦、頑張ります!

応援よろしくお願い致します。

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク      ANCHOR プロトタイプ
コンポーネンツ SHIMANO XTR

ホイール     SHIMANO XTR
フォーク     SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル      
SHIMANO PROシマノプロ
ステム        
SHIMANO PROシマノプロ
シートポスト   
SHIMANO PROシマノプロ

サングラス    KABUTOOGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット     KABUTOOGKレジモス スペシャル・チームカラー
シューズ     SHIMANO SH-M315

インソール   友永さん特性インソール! (ERGOMOTION) エルゴモーション!

ウエア      Wave One

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

ピット イン リキッド

SAVASスポーツウォーター

パワーアミノ2500




« 暑いわ~。 | メイン | 青天です。 »

  • ANCHOR
  • OGK
  • adidas
  • holmenkol
  • savas
  • SHIMANO
  • WaveOne