駄目でした!

2013年3月19日


レース結果は、リタイア! という事で駄目でした!!

次のレースへ向けて頑張ります! 次!次!!

OFFROAD CASSIS (エリート男子) XCO-M

結果  リタイア

開催日 3月18日(日)

開催地 フランス プロバンス地方 CASSIS

天候  雨後・曇り

 

コースプロフィール / コンディション 

フランス・プロバンス地方のCASSISで行われる、フランス人にとって開幕戦に近い感覚のマラソンレース。

フランス人ライダーのほとんどが参加する、フランスの大きいマラソンレース。

日本人にとっての王滝マラソンレースに、Jシリーズのライダー全員を加えたような感じ?

距離は45km。コンディションは生憎の雨模様。

 

 

レース当日。

 この日の天気は雨。

今回参加するOFFROAD-CASSISは、フランスの拠点とする家から1時間内の場所にある。

レースの3時間前に家を出て、会場へと入る。

 昨日の夜から雨が降るという話を聞いていたので、寒さ対策をして会場入り。

会場に到着してからは、まだまだ時間があったので、車内で短い仮眠をとる。

今朝は早くから目を覚ましてしまい、あまり良く眠れていないのだ。

火曜日に入れた筋トレの筋肉痛も尾を引いてしまい、今週の土曜日までは筋肉痛で悩まされる日々を送ってしまった。

今日の朝には筋肉痛は治っていたが、果たしてどうだろう?

 ローラー代がセットされ、早速アップを開始。

今日は風と雨の影響でとても寒い。ローラーを漕いで行くが、中々暖まらない。

アップを終え、11時にスタート招集へ向かうが、招集が中々始まらない。

15分から招集が始まるみたいだ。その間にまた少しずつ体が冷えて行く。

 やっと招集が始まり、今回は2列目からのスタート。

スタート位置へと付くが、これまたスタートの時間が延長され、なかなか始まらない。

スタートコールに合わせて、既に上着を脱いでいたので、尚更に寒い。

 しばらくして、オルガナイザーからコース変更のお知らせが入る。

そして再度スタート2分前のコールが入り、やっとレースが始まる。

 

 ペダルの最初の踏み出しは最悪。寒さで身体も動かず、ズゴスゴと後ろへ後退して行く。

脚の筋肉がゴワゴワ・ピキピキいっている。

 更にスタート直後の上りでトラブルに合い、後ろへと更に後退。今回のレースは一般の人達も参加するレースなので(一般と言ってもモチベーションは相当高い)、更に渋滞は深刻。

もうこうなっては仕方が無いので、焦らずに渋滞解消を待つ。

 スタートを前方で展開して行く必要はあるが、既に手遅れだ。

とにかく今は身体を温める事と、渋滞が解消を待ちながら、抜ける場所で抜いて行く事に集中するしか無い。

 

 一度アスファルトへ出て、やっと渋滞が解消されて来た。しかし身体はまだ温まらない。とりあえず今いる集団で走って行くしかない。

 スタートからしばらく走って15分くらいで、やっと身体が温まって来た。

少しずつ踏み出す様にして行く。

  レース前半。前を走っていた選手全員がコースを間違えてしまい、僕も間違ったコースを走ってしまったが、レーサーの略全員がコースを間違えたので特に問題無さそう。

 

 長い上りに入り、身体がほぼ温まった。ダンシングはぎこちないが、シッティングは行けそうだ。

今回はマラソンレース。上位は走れなくても、ここから少しずつ前へ行く事は出来るはず。

 

 上りが終わり、シングルの長い下りへと入って行く。

今回は雨レース。下りは注意して行かないと思ってもいないような大怪我をしてしまう。

慎重に下って行き、そろそろ上りに差し掛かるであろうかという頃、機材トラブルにより一度ストップ。10〜15分近く経ってから再びペダルを踏んで行く。

 身体は思っていたよりは冷めていない様に感じたが、脚の疲労感が凄い。

なぜだ?これは単なる疲れか? やたら脚に疲労感がある。

レースは始まったばかり。またゆっくりと上げて行くしかない。と言い聞かせつつ、始まったばかりなのに,もうこれか?という思いもある。

一般の参加者も多く、シングルではなかなか抜かせてはくれない。

一般の参加と言っても、彼らのモチベーションは高いのだ。追い込み辛い。

 

 しばらくした所のフィードゾーンで、VictorOlivierから「もう今日はレースを降りた方が良い」と言われて、大人しくしたがった。今回はリタイアする事にした。

 

 今回のレースも、今週の流れも、上手く自分に良い流れを作る事が出来なかった。

これで良いのか?という思いもあるが、今回は早めに切上げる事にする。

先ずはアライメントを整えて行く事。そして次のレースに備えて行きながら、練習を上手く取り入れて行く事に集中しようと思う。

 

 次週のレースは、ポルトガルのUCIレース。PORTUGAL CUP

ポルトガル人にとっての、Jシリーズみたいな位置づけのレース。

 更にその次の週が、フランスのUCI-1レースCoupe de France VTT

こちらもフランス人にとってのJシリーズみたいなものだ。

 先ずはこちらに向けて、確りと練習に取り組んで行こうと思う。

 

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク     ANCHOR プロトタイプ
コンポーネンツ SHIMANO XTR

ホイール    SHIMANO XTR
フォーク    SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル        
SHIMANO PRO XCRカーボンワイド・660mmバックスイープ9°
ステム          
SHIMANO PRO XCRステム110mm -5°
シートポスト   
SHIMANO PRO VIBEカーボンシートポストJ

サングラス     KABUTOOGK)プリマト・フォトクロミック

               パールホワイトNXTクリアレンズ
ヘルメット      KABUTOOGKレジモス ANCHORMTBチームカラー
シューズ     SHIMANO SH-M315

インソール   友永さん特性インソール! (ERGOMOTION) エルゴモーション!

ウエア     Wave One 冬用長袖タイプ。レーパンのショートタイプ。レックウォーマー。靴下(赤黒)。インナー。シューズカバー。

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

ピット・イン・リキッド   2本(ポケットに携帯)

ピット・イン・ゼリーバー 3本(ポケットに携帯)

SAVASスポーツウォーター  2本(レース中に補給したボトル)

リカバリーメーカーゼリー 1本(レース後)

パワーアミノ2500     1本(レース後)


友永さんに作って頂いたインソールが到着♪

2013年3月15日


昨日、友永さんへ修理に出していたインソールが帰って来ました。
見た目と機能、共に新しくなって帰って来ました。
ガチで嬉しいです。
20130314_204425.jpg
今日は追い込みの日だったので、早速装着して練習へと行ってきました。
追い込みの方は、筋トレによる筋肉痛のお陰で散々でしたが、インソールは完璧。
寒さと筋肉痛で、ポディションが上手く出ないなかでも、確りと芯が出てました。
前よりも確りと。でもしっとりと馴染む感じは最高です。

見た目もエレガントな黒に変わり、オシャレです。
表面の黒の生地が優しく包み込んでくれる感じです。
それでも中の剛性が落ちてない感じで、以前よりも硬さの中に張りがあるのを感じます。この張りが靴の型を確りと保って、それによって足が程よい状態にある。こうしてストレスの少ない優しく効率的なペダリングする事ができる様になるのだなと、感動を受けています。
本当にこの張りと優しさは、良い感じです。
隙間は無いが余裕はあると行った感じです。
20130314_204517.jpg
この気合いの入った感じの名前の書き方が最高です!

最近ではもっと新型のインソールが作り出されたらしく、そちらの方もだいぶ気になります。
これを機会に、またまたスイスへと行きたくなったぁ。


そういえばレース報告を忘れてた。


先週のレースレポートをブログで更新するのを忘れてました。
スペインのレースレポートです。
宜しければ読んで下さい。

Copa Catalane Internacional # Banyoles -  (エリート男子)  UCI Classe- XCO

結果  26

開催日 3月10日(日)

開催地 スペイン banyoles

天候  晴れ

 

コースプロフィール / コンディション 

 小さい小刻みなアップダウンとコーナーを、ひたすら繰り返す単調なコース。

1周回の距離が7kmと、今時にしては長めなコース設定。

同じ様なコーナーやアップダウンが多く、デジャ・ブー。

土質は固めで、砂利が少ないのでトラクションが掛かり易くハイスピードになるが、コーナーがクイックなので、スピードの出し過ぎには注意。スピードコントロール・コーナーの立ち上がりでの、ギア比やテンポが重要になる。

長い上りは1カ所で、抜かし所が少ない。

 周回数は、スタートループ1周+5周回。

 

 

 

  レポート

 

今年初のXCOレース。

レース当日は緊張する事無く、心が落ち着いた状態で挑む事が出来た。

今年初と言う事もあり、どの様なレースを展開出来るだろか?

シーズン・オフの練習は上手く行ったのだろうか?

色々と思う所はあれど、心に不安を抱く事無くスタートラインに立てた。

 

今回のレースで1番確認すべき点は、

最近自分が練習で取り組んでいる運動強度、乳酸値4mmolの辺りが鍛えられているかどうかだ。

 

アップの段階では、身体が少々疲れているように感じた。

脚の筋肉が少々疲れているのと、ダッシュ時の呼吸が苦しい。

スタートはキツいであろうと予想。

 

スタート2分前。

不慮の交通事故で亡くなったスペイン人のイニャーキ・レハレッタ選手に1分間の黙祷を捧げてからのスタート。

バリー・スタンダー選手もそうだが、去年から今年に掛けて事故で亡くなった選手は多い。

心よりご冥福をお祈り致します。

 

 

 

そして、レース開始。

スタートのフラット区間は、問題無く集団の流れに乗り進んで行く。

ここら辺の集団の流れは、最近は上手く読み込めている。問題は無さそうだ。

そして問題の上り区間に入り、さあ大変。予想通り身体にキレが無い。

少しずつ集団に飲まれ後退して行く。身体がバラバラにならない様に気を付けつつ後退。

スタートループが終わり、本周回へ。

 

呼吸が荒いのと、何よりも脚が上手く動かない。更に後退して行く。

ここで無理して踏もうとしても、進まないのは分かっている。

追い込むのが目的では無く、速く走るのが重要なのだ。

バラバラな侭では、進まないのだ。

とにかく焦らない様に!と自分に言い聞かせながらの1周目。

 

2周目。ここからは気持ちを切り替えて、とにかく今いる集団に乗っかって、この中で生き残る事に意識を集中する。

この集団でリズムと息を整えて、千切れて行く人の巻き添えを食わない様にポディション等を意識しつつ、前乗りにならない様なペダリングを探す。

 

3周目。少しずつ息も整い、リズムが回復して来た。

相変わらず踏み切る脚は無いが、ペダリングとコースのリズムが分かって来た。

ペダリングが自分の思う物になって来た事もあり、リズムは良い。

乳酸をガツガツだして走れないので、抜かすポイントを考えつつ走って行く。

 

4周目。集団内が疲れてバラバラになって来た。

集団の前を走る様にして、自分のリズムで走るようにした。

ここからは自分のリズムで、気持ち良くペースを上げる事が出来た。

 

5周目の最終ラップ。

集団の後方で無い分、自分のリズムでコーナーを走れるのでストレスが少ない。

後方の選手に前周回からずっと引かされていたが、レース中盤は集団に付き位置させて貰ったので、イライラせずに走れた。

上りのキツい所では踏み切れない感じがあるが、それ以外は悪くなかった。

 

ゴール順位は26位と、まだ満足行くリザルトでは無いが、感覚としてはそんなに悪くないと感じた。

 

今後の課題としては、

  スタートの踏み所で、踏む脚・無酸素領域がまだ出来上がっていないという事。

  それに伴って、中盤・後半の上り終わりや、上りのキツい所で踏み蹴れていない。

  もう少し乳酸値4mmol付近を鍛えて、乳酸処理能力を向上させる必要性があるという事。

  引き続き乳酸処理のトレーニングに力を入れる事。無酸素は、もうしばらくお預け。

  今回はたぶん身体が少し疲れていたと認識しているので、鉄分とタンパク質を取って早寝する事。

 

 

次のレースは、フランスのマラソンレース。

こちらのレースは、フランスのMTB選手にとって開幕戦に近い感覚があるレースらしい。

ほとんどのフランス人MTB選手が集まるそうなので、こちらも気合い入れて頑張ろうと思います。先ずは練習で4mmolのトレーニング!そこからだ!

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク     ANCHOR プロトタイプ
コンポーネンツ SHIMANO XTR

ホイール    SHIMANO XTR
フォーク    SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル        
SHIMANO PRO XCRカーボンワイド・660mmバックスイープ9°
ステム          
SHIMANO PRO XCRステム110mm -5°
シートポスト   
SHIMANO PRO VIBEカーボンシートポストJ

サングラス     KABUTOOGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット      KABUTOOGKレジモス ANCHORMTBチームカラー
シューズ     SHIMANO SH-M315

インソール   友永さん特性インソール! (ERGOMOTION) エルゴモーション!

ウエア     Wave One 半袖タイプ・レーパンのショートタイプ・靴下(赤黒)・インナー

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

ピット・イン・リキッド  1本

SAVASスポーツウォーター 5本(ボトル)

リカバリーメーカーゼリー 1本

パワーアミノ2500     1本

近状報告です。

2013年3月 8日


ブログをサボって、早2週間が経とうとしています。
しばらく更新してなかったので、最近あった事をざっと書こうと思います。


先々週(もう20日以上前かな?)、幸平さんがロードレースを兼ねて、プロバンス地方へとやって来ました。
1週間の滞在で2レースを出走予定で、その間の1週間を、一緒に練習させて頂きました。なかなか良い勉強をさせて頂きました。

20130222_111640.jpg
ウクレレと思われる物をお買い上。残念ながら南アフリカには持って行けなかったみたいです。

20130222_123915.jpg
ビクターと皆で食事をしました。こういう時でないと、ゆっくり話が出来ないので。

20130221_220445.jpgのサムネイル画像
ティラミスは、まあまあ、、、
自分が作ったティラミスもどきの方が美味しい。

夜のビューポーとは綺麗です。
20130221_194930.jpg

マルセイユのアラブ街で買った、不思議な果物。
20130223_125724.jpg
ドラゴンボールZで、悟空の兄弟ターレスが食べていた実にそっくり。
ザーボンさんの頭にもそっくりなこの実、味が無くて・仄かな香りがあるだけ、、、
食感はゼリーの様な?感じ?
フルーツジュースや、フルーツポンチに入れたら美味しそうな感じです。
ちなみに僕は、フルーツポンチにして頂きました。


レース前の食事。
20130218_082509.jpg
驚きです。
話には聞いていましたが、この様なレース飯も選択肢としてある訳ですね。
トップ選手のトレーニングはある程度類似する傾向がある様に思うが、
レース飯は思ってる以上に皆違う様に感じる。
選手の体質と、レースの種類、レースのどこでどの様にエネルギーを出したいのかで、食べる物は変ってくるに違いない。
奥が深いので、なかなか手を付け辛いカテゴリーでもある。

ちなみにフランス人の前でこれをやったら、めっちゃくちゃ怒りますので注意を!
フランス人は昔からの文化を大切にする人達ですので、この様な行動は神にも背く行為として扱われます。


そして幸平さんが帰り、その次の日の日曜日。
ビクターから、2日後に引っ越す事が告げられ、引っ越す事が決定。
2日間、引っ越しの準備に追われました。

そして先週の火曜日夜(レース2日後)に、フランスの拠点にしていた家をお引っ越し。
新しい新居は、マルセイユから20km圏内。
以前に拠点にしていた家からは、70〜80km圏内の場所。
ホームステイ形式で、家主は2日に一度夜帰宅するだけで、普段から在宅はしていない感じ。
家の直ぐ裏には小さい山があり、そこにはトレールが網の目の様にあり、一部スタンドバイミーを思わせる風景。癒されますわ。
家の近くは数多くのパン屋があり、炭水化物には事困りません。
20130301_130129.jpg
見ているだけで、癒されますわ。
甘い。あま〜いケーキです。
他にも炭水化物が充実していて、サツマイモから、うどん、そば、カオニャオ、焼きバナナが買えるアジアンスーパーが近くにある。


最高です。
そして今週の日曜日には、今季初のMTBレース。
そして開幕戦。

場所はスペインです。
さて、こちらも充実した走りをして来ようと思います。
では、また!




Photo Gallery


Schedule

2012年スケジュール
準備中
少々お待ちください