全日本選手権のレポート

2015年7月27日


MTB全日本選手権 

結果 4位

開催日 2015年 7月19日(日)

開催地 長野県 下諏訪郡 富士見町 富士見パノラマスキー場

天候  晴れのち曇り時々雨

 

コースプロフィール / コンディション

今コースは、前回の春の富士見大会と比べると上りが短くなり、よりスピードコースになった印象だ。前日の雨の影響があるものの、前日に比べて、当日の路面は一部を除き、だいぶ回復をしていた。周回数は6周回。

 

 

レポート

 アップ時には疲れは無く、気分は良い。

ただアップ時のスプリントでの掛かりは悪く、スタートへの不安が残った。

 

 スタートの掛かりはやや悪い。しかし先ずまずのポデションで進んで行く。

シングルトラックには、幸平さんを先頭に2番手で進む。

 幸平さんの下りでやや遅れ気味で上りへと入って行く。

少しずつ遅れをとって行き、幸平さんから遅れをとる。

 路面が滑るのではないかとビビっていたが、思ったよりも路面は乾いていてグリップする。

 

 途中で武井さんに抜かれ3番手に落ちたが、その後2周目の前半で武井さんに追い付き、下りと上りで武井さんを離し、単独2位で進んで行く。

 このまま最後まで上手く2位のリードは保てそうだ...と思っていた矢先。

その後の2周目の上り終わりのAダッシュ(上り頂上のセクション)で、昨日試走でコースをチェックしていたにも関わらず、知らないラインに入ってしまい石に乗っかる。

 前日にコースチェックとヒットしそうな岩はチェックしたハズなのだが?

コース内容が前日と少し変ったのだろうか?

 よく分からないが、何はともあれ岩にタイヤが当った衝撃で、エアー漏れ?スローパンク?をする。

 タイヤにまだかろうじて空気が残っていたので、ペースを少し落として焦らないよう慎重に下り上りを落ち着いて走って行く。コーナーは特に要注意だ。

 

 チームのスタッフに静かにパンクを伝え、後方の選手にバレない様にポーカーフェイスで走って行く。

 え?ゴールエリア手前のテクニカル・エリア...。ここにホイールは...置いて無い...。(ポーカーフェイスでフォルツァのホイールをチラ見。)

 

 3周目。テクニカル・エリアまで何とか走り切り、ホイールを交換するが、ホイール交換の間に4位まで順位を落としてしまう。思うよりも時間を掛けてしまった。

 気持を切り替えてここからまた持ち返す。ハズだったが、身体が一気に重くなり、思うような動きが出来ない。

 先程までの感覚は無くなり、トラクションも一気に掛からなくなり、武井さんと亮さんから遅れ、ズルズルと後退して行く。

 タイヤの空気圧が高いのかと思ったがそうでもないらしい...。うーむ。

 

 レース後に分かった事だが、レース中にサドルが割れていたのが大きい要因かもしれない。いつ割れたかは分からないが、おそらくレース中に衝撃が加わった時に割れたのではないかと思われる。

 そのまま淡々と重い感覚でレースを走り、全日本選手権を4位で終えた。

 

 

 前日からコースを細かくチェックして、パンクしそうなラインや要所を何度もイメージ・トレーニングをしていただけに、今回のパンクは非常に残念だ。

・サドルも富士見のレースで割れるのはこれで2度目だ。サドルの選択も今後は考えようと思う。

・テクニカル・エリアやコースに関する内容を、自分自身で知る必要性を感じた。

自分に知る事ができたかは不明だが、常に知る努力をするべきなんだと改めて感じた。

・パンク後の失速の原因が、サドルによるものとハッキリしないだけに、全日本に向けたトレーニング内容が正しかったのか? 他にあと何が必要なのかを判断するのが難しい。

 

 今回は色々と自信暗鬼になってしまう点は多い。今年は全日本選手権とアジア選手権の2つに賭けてきただけに、正直今回の結果は精神的な喪失感が大きい。

 しかし、結果はただの4位でしたとしかリザルトには残らないという現実。

 今回の結果への不満は、次の結果への障害になるだけなので、次に行かせる明白な改善点だけをしっかりと残して、気楽に次のレースへと取り組みたい。

 

 今回は下りの感覚も良かったので、次への結果と成長を純粋に望み。次のアジア選手権に向けた建設的な取り組みをして行きたい。

 一先ずは次の白馬大会で、アジア選手権の調整をして行きたい。

 

今レースでも、暖かいご声援とサポートをありがとうございました!

声援に応える事ができず悔しいですが、次に繋がるものへとしっかり変えて行きたいと思います。

今後とも応援・サポートを、何卒よろしくお願い致します。

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク     ANCHOR XR9Sサイズ)
コンポーネンツ SHIMANO XTRDi2

ホイール    SHIMANO XTR 
フォーク    SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー) 70bal
ハンドル        
SHIMANO PRO タルシスXC フラットトップバーDi2バークランプ
ステム          
SHIMANO PRO タルシスXCステム110mm -6°
シートポスト   
SHIMANO PRO タルシスXC シートポストDi2

 

ケミカル    ホルメンコール

        ルーベエクストリーム(チェーンオイル)

        ダートプロテクター(ギア・パーツ類 メタルパーツのコーティング用)

        スポーツポリッシュ(フレーム用撥水・防汚れコーティング)

        アクアスピード(フレームへのコーティング)

                ハイテクプローフ(ジャージ・シューズ用の撥水コーティング)
        ノーフォグ(アイウエア曇り止め)

 

サングラス     アディダス イーブルアイ・ハーフリムプロ(調光レンズ)
ヘルメット      
KABUTOOGK)ゼナード

グローブ    KABUTO (OGK) EXG-3
シューズ     SHIMANO SH-XC90L

ウエア     Wave One

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

SAVASウォーター     ボトル8本

ピットリキッド     4〜5本

パワーアミノ2500    1本

SAVASプロ リカバリー プロテイン 1食分

Photo Gallery


Schedule

2012年スケジュール
準備中
少々お待ちください