手術後の時間。

2015年9月 4日


レースレポート以外での久しぶりのブログの更新。
最近はレースでしかブログを更新してこなかったので、まあ誰もブログは見ていない事だろうけど...。

 まあ何は共あれ、自分は2週間ちょっと前に筑波病院にて鼠蹊ヘルニアの手術をして、
5日の入院と、2日間の筑波居候(兄の家に)を経て、今は松本でグダグダの生活。
 まあ、何と言いますか...何もしないってのは不安と言いますか、気が狂いそうですね...。
 何しろ1ヶ月間は 完全休養/NOトレーニングでやれる事はそんなに無い。
 やる事と言えば、べランダでゴーヤを鑑賞しながら、ヒーコー飲みつつ読書をする事くらい。
 けっして悪くは無いが、こんな生活が続けば、さすがに嫌になる。



シーズン中の選手といえば、トレーニングくらいしかあまりやる事は無いが、これはこれで時間が少ない。

朝ゆっくり起きて、ご飯を食べて、ヒーコー飲んで、練習行って、帰ってきたら風呂へ入って、ご昼飯作って、片付けて、ちょい昼寝したら、午後練習の時間。
練習から帰ってきて、風呂へ入って、買い物へ行って、ご飯作って、片付けたら、もう夜...。
いつもこうやって時間は過ぎて行く。



もっと色々とやれる事は無いか?と探したくもなるが、練習と食事などに所定の時間が裂かれてしまうので、大体の時間が中途半端だ。
新しい事を始めるにも、何かを始めるという事はある程度の時間と労力という犠牲が伴う。
況して新しい事となれば、効率的に時間と労力が使えるようになるまでに無駄が発生する。
選手である事を考えれば、ある程度の余裕も無いとトレーニングの継続も難しい。
こういう生活も嫌になる。


最近はこのジレンマには飽き々していたので、完全休養は嫌いではないが、、、何せ本当の完全休養だから、
手術直後は歩くのも駄目。原付も駄目。最近はOKだけど筋トレ・練習は禁止。
どちらかと言えば僕は、綿密な計画を立ててから行動するタイプではなく、行動してからその途中で考えるタイプ。
身体を動かさないという事は、思考の停止をも招く。

そろそろ何か行動したい。止まっている事に無性に不安とストレスを感じる。
何かしたくて、とりあえずプーケット行きのチケットを買ったが、そもそもバックパッカー体質な自分にとって、短い時間で観光地に止まる事さえ性に合わないかもしれない。
ただここでゆっくりするよりは、気持の面でゆっくりする事が出来るだろう。
じっとするのは性に合わない。

Photo Gallery


Schedule

2012年スケジュール
準備中
少々お待ちください