富士見大会(秋)レポート

2015年10月22日


CJ1 ()富士見大会

結果 2位

開催日 10月18日(日)

開催地 長野県 諏訪郡 富士見町 富士見パノラマ・スキー場

天候  晴れ

コースプロフィール / コンディション

全日本選手権の時に近いコースレイアウト。周回数は6周。

 

・レポート

 

日本では今年最後のレースになる富士見パノラマの秋大会。

本来であればランカウィのステージ・レースへ出場予定だったが、その大会がキャンセルとなり、最終戦の富士見大会に参戦する事となった。

意外にまだ自分が国内戦のポイント・ランキングが1位だった事もあり、最後の一押しによっては年間総合を獲れる状況下にある。

よって頑張って獲りに行く価値とモチベーションが急に出てきた。

そもそもは年間総合を意識してはいなかったし、手術をしてコンディションも下がる状況下だったので何も期待をしていなかったが、意外な展開での最終戦だ。

 

先週の一里野のレース以来、休んでいたのでサラ脚を期待して今週末を向かえたが、当日は思ったよりも身体が重い。

前々日の試走中に落車もして、腰と指を少し痛めていた事が影響しているのか、コンディションが悪いのだろうか? テンションが下る↓↓↓

 

スタートは、落ち着いて、力まずに踏んで行く。

スタート.jpg

写真提供:中村肇さん

 

思ったより前の方で展開出来ているので、ここから更に踏まないように気を付けて走って行く。落車の影響は思っていたよりは無さそうだ

 

おおよそのイメージだと4位くらいに入れれば、年間総合になるのかな...と言ったイメージを持っている。ただ計算高くポイントを計算しても、どうせレースは計算通りにならないので、おおよそのイメージを持つようにしている。とにかく上位に食い込めれば良いという事。

 

 

中村さんパック.jpg

写真提供:中村肇さん

 

2周目に入り、健さん先頭で自分は3番手のパックで走って行く。

前を走る亮さんが下りで遅れてしまい、上りの抜かし易い所で亮さんを抜いて前を走る健さんを追ってみたが、距離は詰められなかった。

今日の亮さんは一層に調子が悪いようだ。

 

3周目。前の健さんを追うためにボトルの水を飲む時間をケチったので、喉が乾いて仕方がない。

前の健さんを追うのにも疲れていたので、追うのを諦めて水の補給を優先して、ペースを落として回復を意識した走行運転へと切り替える。

脱水気味になっているので、とにかく給水しまくった。後方のライダーも近いのでペースを落とし過ぎないように気を付けつつ水分補給をして行く。

給水2.jpg

富士見給水.jpg

写真提供:伊東秀洋さん

 

 

4周目もまだ喉が乾いてヤバかった。

引き続き後ろから追い付かれないよう気を配りながら水分を補給して行く。

エナジー・ジェル(ピットインリキッド)は脱水のためスルーした。

 

5周目途中で、やっと身体の水分が満たさせたのを感じた。

夕方に近づいたので日差しも緩くなり、コース場は涼しくなって来ている。

そして喉の乾きが潤ったら、今度は急にお腹が減ってきた。この周回のジェルをスルーした後だったので、少し困った。

いつもであれば背中のポケットにワンタッチで食べる事が出来るピットイン・ゼリーバーを持っているのだが、今日は持ち忘れている。仕方ないので次のフィードまでは我慢。

横撮り.jpg

写真提供:中村肇さん

 

最終周回。コーナーのin側に吸い込まれるようなフワフワ感と脱力感を感じながら走って行く。フィードで獲ったジェルが少ししか食べる事ができず、さらに脱力。

2度目のフィードエリアでもジェルを捕りたかったが、ラスト周回の2度目のフィードでは、さすがに誰もジェルを飲むとは思わない。「ジェルが欲しかった!」と言ったら、宇田川さんが「ラストだから行けるよ〜!」 はい!確かに!

とにかく後ろに追い付かれないようにだけ気を付けて、2位をキープ。浮いた事を考えながら考えないようにして走り切り、2位でフィニッシュ。

 

 

その他。中村さんから貰ったレース写真。

中村さん1.jpg

中村さんダンシング.jpg

中村さんバンク.jpg

中村さんダンシング2.jpg

 

 

今シーズンは目標としていた全日本選手権とアジア選手権では全然噛み合わずに、とても落ち込んでいたが、違う形にはなるが こうして表彰台へと上げてもらった事は、何は共あれ嬉しい事だ。

自分が望んでいた目標を達成する事は出来なかったが、最後までレースを楽しめたし、そんなに悪いシーズンでは無かったと思う。

ただ噛み合なかった事実を踏まえ、今シーズン得た情報を上手く活用して、来年は自分が持つイメージをふんわりと形作って行ければと思う。

 

今シーズン、自分達はまだこの3週間後にUCIのレースが控えているので、もうしばらくの間は じんわりとした練習をすごして、11月からギアを入れて行く感じでイメージしている。

 

 

今シーズンも応援ありがとうございました!

チームメイト・チームスタッフ・スポンサー様・サプライヤー様・ライバル・応援してくれる人達・大会スタッフ・MTBに関わる全ての仲間達に感謝をしています。

僕はただ純粋に美しい走りをイメージし、そして皆が楽しいを共有できる光景をイメージして、ただ純粋に走って行きたいと思います。

これからも応援・サポートを何とぞ宜しくお願い致します!

今シーズンもお世話になりました! ありがとうございます!!

みんな 中村さん.jpg

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク     ANCHOR XR9Sサイズ)
コンポーネンツ SHIMANO XTRDi2

ホイール    SHIMANO XTR 
フォーク    SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー) 75bal
ハンドル        
SHIMANO PRO タルシスXC フラットトップバーDi2バークランプ
ステム          
SHIMANO PRO タルシスXCステム110mm -6°
シートポスト   
SHIMANO PRO タルシスXC シートポストDi2

 

ケミカル    ホルメンコール

        ルーベエクストリーム(チェーンオイル)

        ダートプロテクター(ギア・パーツ類 メタルパーツのコーティング用)

        スポーツポリッシュ(フレーム用撥水・防汚れコーティング)

        アクアスピード(フレームへのコーティング)
        ノーフォグ(アイウエア曇り止め)

 

サングラス     アディダス イーブルアイ・ハーフリムプロ(調光レンズ)
ヘルメット      
KABUTOOGK)ゼナード

グローブ    KABUTO (OGK) EXG-3
シューズ     SHIMANO SH-XC90L

ウエア     Wave One

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

SAVASウォーター     ボトル8本

ピットリキッド     4本

SAVASプロ リカバリー プロテイン 1食分

« 一里野のレポート | メイン | トルコ・アランヤのレースレポート »

  • ANCHOR
  • OGK
  • adidas
  • holmenkol
  • savas
  • SHIMANO
  • WaveOne