CJ1富士見(春)大会レポート

2016年5月31日


CJ1富士見(春)大会

結果 3

開催日 5月29日(日)

開催地 長野県富士見町 富士見パノラマスキー場

天候  晴れ

 

コースプロフィール / コンディション

コースは以前よりもコンパクトになり、コーナーが細かくて少しスピードが乗せ辛い印象。

シングルは縦の動きが減って、横系の細かい切り返しが多い。最近のXCOには少ない動きとコーナーの切り返しが多いので、最近のライダーにはリズムが掴み辛いかもしれない。コーナーも点で当てて曲げる様なポイントも少なく、草や腐葉土のフカフカした路面が多いのでハイグリップする箇所が少ない。上りは以前よりスピードが乗り易い斜度、もしくは斜度の短い上りが増えた。しかも急斜度の手前は下りで勢いを付け易くなっているため、無酸素パワーで上り切るインターバル・コース。個人的には好きなコース・レイアウトになっている。

 

富士見スタート.jpg

写真提供: 三島文豪さん

 

・レポート

 当日のレース前のアップの感覚は気怠く力が入り辛かった。

 八幡浜の後は高強度のインターバル練習を3回入れて、無酸素領域・解糖系の出力アップに努めた。その成果あってインターバル練習時の出力と掛かりに手応えがあったものの、レース前には怠さも同時に出て来ていた。

 

 スタートはさぞかし掛かりが悪いかと思ったが、思ったより力が入る。

 とりあえず前と離れない様に走って行く。

富士見7 Alisa Okazaki.jpg

写真提供:Alisa Okazakiさん

 

 コースの長い中盤から終盤の急斜度の短い上りでは出力が一気に上がる。この賭け所で先頭から徐々に置いてかれて行き、終盤の急坂で完全に距離が離れる。力が入らない。

 この様なシュチュエーションで鬼もがきをする為にインターバル・トレーニングで速筋線維に喝を入れたのに、その速筋性は沈黙し、身体はまだ大興奮と無酸素に達して無いまま離れて行く。あのインターバルの苦しい強度と興奮から冷め、沈黙と静かなダンシングで前を追って行くレース展開。

富士見9.jpg

写真提供:岩島さん

 

先頭とのあまりの無酸素の出力の差に絶望感は否めない。

 冷めたレース展開はしたく無いが、興奮に必要な強度が足りていない。強度不足ではあるがペースはこれ以上落とせないので、ペースを確保してキープ。ダンシングなどを混ぜてペースが落ちないようリズムを作る。

富士見6.jpg

写真提供:伊東秀洋さん

 

 中盤でリズムをやや崩したものの、最終周回はペースのリズムを戻して、ペースをキープ。

 3位でレースを終えた。

 

 アジア選手権からの見事なまでの空振り三振を決め、笑えないほど最悪の印象だけを残して3レースを終えた事は間違いない。

 しかし私は図太いので、あまり気にしない。

 いや。気にして無い事は無いが気にしない。

 練習は十分にした記憶があるので、焦る気にはならない。

 レース成績だけが僕の全てを物語ってくれるツールとなる事は間違いない。

 私はレースに力をシフトし、私はより図太くなる。

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク     ANCHOR XR9Sサイズ)
コンポーネンツ SHIMANO XTRDi2

ホイール    SHIMANO XTR 
フォーク    SR SUNTOUR AXON 120mm(サンツアー) 75bal
ハンドル        
SHIMANO PRO タルシスXC フラットトップバーDi2バークランプ
ステム          
SHIMANO PRO タルシスXCステム110mm -6°
シートポスト   
SHIMANO PRO タルシスXC シートポストDi2

 

 

サングラス     アディダス イーブルアイ・ハーフリムプロ(調光レンズ)
ヘルメット      
KABUTOOGK)ゼナード

グローブ    KABUTO (OGK) EXG-3
シューズ     SHIMANO SH-XC90L

ウエア     Wave One

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

SAVASウォーター     ボトル7本

ピットインリキッド     3本

SAVASプロ リカバリー プロテイン 1食分

アミノ2500     1本

VAAM          1本

八幡浜大会レポート

2016年5月18日


Yawatahama International Cross-Country Race

(JPN/C1)   Cross Country

結果 10

開催日 5月15日(日)

開催地 愛媛県八幡浜市 八幡浜市民スポーツパーク

天候  晴れ

 

コースプロフィール / コンディション

 コースは去年よりも だいぶ短くなった印象。周回前半は下り基調の横移動のシングル・トラックが葛折りで続く。

 その後一気に斜度きつめの登り、バックストレートを抜け桜坂と呼ばれる急斜度を一気に登り、短く下り、急斜度の登りを一気に登り、横移動の根っこ区間を抜け、急斜度のアップダウンを抜けてスタート・ゴール・エリアへ戻るレイアウトだ。

 コースの印象は、緩く長い坂が減って、代わりに急斜度で短めの登りが増えた感じだ。

 コース全体にコーナーが多く、路面は石畳的な路面が濡れていて、とても滑り易い印象。

 他のコースよりも根っこが多く、スリッピーなコーナーも多く、登りは短めでトラクションが必要な内容で、ライダーの技術と爆発力・バイク機材やタイヤの性能の全てを活かせるコースだと思う。

 急斜度の登りは路面がとても滑り易くなっているが、短い内容なのでトラクションさえ掛かればパワーで押し切れる短さだ。

 

 

・レポート

 スタートはアジア選手権の反省を踏まえ、何も考えず無の境地で集中して反射で反応する様にした。とりあえずは早く反応する事が出来て先頭でスタートを切るが、ここはアスファルト区間なので、風避けとして使われてしまう事を考えると先頭では入りたくない境地。

八幡浜写真2.jpg

写真提供:宮田裕樹さん

 

 シングル手前で2人のライダーに抜かされ3番手で入る。

 とりあえず落ち着いて走るが、身体の反応がやや悪い。これと言って体調は悪く無いのだが、体の動きがイマイチ鈍い。そのままバックストレート手前の急斜度に入る。

 やはり掛が悪く先頭集団から離れて行く。動きが鈍い。そしてトラクションが掛からない。

 そのままズルズルと後退して行く。大きい疲労感は無いが、とにかく鈍い。

八幡浜9.jpg

写真提供:Mr Ryohei Wada

 2周目に入り、未だにエンジンの掛が鈍い。何といっても斜度が急な所に入るとパワーが出ないデス・スポットに入る。出力が低下するのでトラクションが掛からない。

 本コースの登りは基本急斜度で構成されているので、ここで崩しているリズムが全体に影響を与えている。

 平坦は掛が良いわけでは無いが、最近コツを少し掴んだので、比較的楽にこなせた。

 あとは登りでのトラクションを掴むだけだが、ここが上手く行かない。

 

 3周目・4周目と、同じ様な感覚で進む。平坦や下り区間はアドバンテージを感じるが急斜度の登りで追いつかれたり抜かされたりしてリズムを崩すを繰り返して行く。

八幡浜写真5.jpg

写真提供:宮田裕樹さん

 

 急斜度を走れないという意識が他のセクションでの勢いまでも落ち着かせてしまっていると感じた。走れていないという苦手意識が邪魔して、余計に体力を使い損ねて、このポディションに甘んじてしまっている。


写真提供:宮田裕樹さん

 

 

 そして4周回目の終盤にサドルが壊れて動いてしまっている事に気が付き、テクニカル・フィードにピット・インして、サドルをシート・ポストごと交換して再スタート。

 ここからリセットを掛けて、急斜度以外の場所で体力を使う様にした。

 急斜度では体力が上手く使えないので、他の場所に回して使う様にした。

 急斜度の登りに関しては、手前で出力を上げて勢いを付けるよう意識して、急斜度では出力を上げない様にした。トラクションが掛からない所でトルクを掛けるのでは無く、トラクションがかかる所で出力を上げるように変えた。もともと自分は一定トルクの出力発揮よりも、出力に緩急を付ける方が得意なので、出力を上げるポイントを早めにズラして使う事で走りが少し良くなった。

八幡浜10.jpg

写真提供:Mr Ryohei Wada

 

 しかし6周目の終盤。何でも無いような下り区間で、根っこの上を真っ直ぐ走ろうと勢い良く走っていたら、根っこにフロントタイヤを少し取られ、コースギリギリを走っていた事もあり、少しハンドルがズレた事でハンドルが木に引っかかり、そのままバイクから体が発射してコース反対側の木の幹に顔面衝突して首ひねって終了。

 あまりの衝撃で死んだと感じた。リタイアかと思ったが、身体は動くのでとりあえずフィードへ向けて静かに走り出す。

 とりあえずフィードへ行き、フロントタイヤを交換してもらい再び走り出す。

 身体もバイクも完全に終わったと思っていたが、走っている間に少しずつ衝撃から回復して、少しずつ自分の身体とバイクの状況について理解を進めて行く。自分が考えていたよりも身体・バイク双方共にダメージは低くすんでいると思って良さそうだ。

 ブレーキレバーとロックアウトのレバーがひん曲がっているが、リア・ブレーキのエアも大丈夫そうだ。少しずつペースと身体を開放して行きながらゴールまで流した。

 落車の時はマジ死んだと思ったが、思っていたよりも遥かに軽症で済んでいたので、まあ全然良くないが、良かったという事にしておこう。

 

 次へのレースへの改善点は、出力に緩急を確りと付けて走る事。

 その為に必要な練習は、インターバルが手っ取り早い。

 ミディアム走でベースを上げる事で、緩急つけ体力的余裕を付けるという手もあるが、今の自分には短いインターバルで緩急慣れをする方が簡単だろうと思う。

 他の改善点としては、急斜度の登りでのトラクションを改善するという手もあるが、力が出ないデス・スポットにハマる理由を解析できてないので、何とも言えない。

 前日の試走では急斜度の登りを難なく走った記憶があるので、

 

単純にレース当日の調子が悪かったのか or

レースペースだと全体のペースに出力が分散して急斜度の時の出力が低いのか or

レースペースだと、踏んだ時のフォームや踏むポイントが違ってしまうのかのどれかだろう。

 どれかを細かく分析をしたいが、レース時の自分を客観的に見るのは難しいので、出来ればレース時と前日の試走時の動画か画像を見比べれば分かり易いが、なかなかそういう情報は無いので仕方ない。(レース時の感覚としては、脚が折りたたみ過ぎて身体が詰まっている感があったので、フォームに違いがあるのか見比べてみたい。)

 という事で、手っ取り早くダメージの残らない短めのインターバルをアホみたいに入れて、休んで緩急をつけて過ごそうと思う。

 

 

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク     ANCHOR XR9Sサイズ)
コンポーネンツ SHIMANO XTRDi2

ホイール    SHIMANO XTR 
フォーク    SR SUNTOUR AXON 120mm(サンツアー) 75bal
ハンドル        
SHIMANO PRO タルシスXC フラットトップバーDi2バークランプ
ステム          
SHIMANO PRO タルシスXCステム110mm -6°
シートポスト   
SHIMANO PRO タルシスXC シートポストDi2

 

 

サングラス     アディダス イーブルアイ・ハーフリムプロ(調光レンズ)
ヘルメット      
KABUTOOGK)ゼナード

グローブ    KABUTO (OGK) EXG-3
シューズ     SHIMANO SH-XC90L

ウエア     Wave One

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

SAVASウォーター     ボトル8本

ピットインリキッド     3本

SAVASプロ リカバリー プロテイン 1食分

アミノ2500     1本

VAAM          1本

アジア選手権のレポート


Asian Championships (THA/CC)  Cross Country

結果 5位

開催日 5月7日(土)

開催地 タイランド チャイナット シティー

天候  鬼晴れ

 

コースプロフィール / コンディション

コース上は気温が非常に高く、40度を優に超える気温と日差しが痛い。

タイは今乾期最後の時期で、一年で最も気温・乾燥が高い状態となっている。

一番の懸念材料はこの暑さであるが、逆にこれを上手く味方につければ、この暑さで相手が勝手に倒れるくらいの暑さ。。。

コース上は長い乾期によって乾き切り、路面の表層では砂漠化現象が起きている。

その為コーナーは砂でハンドルを取られ易く、シクロクロス的な堅実な走りが求められる。アウトインアウトや点で曲げるようなコーナリングなどの走行は困難である。

路面はハードバーンで、乾いた砂っぽい路面から石が出ていたりして、路面がひび割れでガタガタしているので、ペダリング時の突き上げやプッシュなどが辛かった。

 

アジア選手権1.jpg

 


アジア選手権2.jpg 

 

・レポート

 

 スタートは失敗から始まった。

 前日のリレーのスタートで足の裏に砂が付いていた事でクリートが嵌らずに失敗していたので、スタート前に足の裏の砂を払おうとした時に、スタートの合図が鳴ってしまい、あえなくスタート・ミス。

 そこから中国人ライダーに邪魔され、前へ行かせてもらえない。そのまま中国人ライダーの中切に会い、それをどうにか抜かして前の2位集団を追う。2位集団のペースを武井さんが抑えていたため少し踏めば追いつけそうな距離だったのだが、暑さにやられてペースを上げるのを躊躇う。踏めば追いつけるが、すでに暑さがヤバイ状態だったので、どうにか踏まずに追いつこうと試みる。

 しかしあまりの暑さにやられ、そこに気を取られている間に、前との差が開いて行く。

 暑つさで前を追うとかペースを上げるとか、もう何も考えられない。まるでサウナに入ったまま外側から鍵をされてしまった様な混乱とストレスで、もう何も考えられないまま気がつけばラスト周回に入っていた。

 前にライダーは見えない。ただ後ろから6位集団が追ってきている。もう何も上手く行かなくてうんざりだ。

 このままでは確実に後ろから追いつかれてしまうので、最後は無理やり踏んだ。

 何とか距離を離して5位でゴールした。

 暑さに気を取られ、レースらしい走りを欠いてしまった。他国のライダーと競ったと言うよりも、暑さと暑さにやられる自分との戦いになってしまい、正しい戦闘を繰り広げる事は出来なかった。

 ただ暑さを我慢するだけのレースをしてしまった。

 

 暑さには強いはずの自分が、ここまで暑さにやられてしまうイメージを持っていなかったので、レース中はもう何も考えられないまま終わった。

 終わってから思えば、もっと良い走りが出来るはずだと振り返れるが、レース中は暑さ以外に何も考える事ができなかった。

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク     ANCHOR XR9Sサイズ)
コンポーネンツ SHIMANO XTRDi2

ホイール    SHIMANO XTR 
フォーク    SR SUNTOUR AXON 120mm(サンツアー) 75bal
ハンドル        
SHIMANO PRO タルシスXC フラットトップバーDi2バークランプ
ステム          
SHIMANO PRO タルシスXCステム110mm -6°
シートポスト   
SHIMANO PRO タルシスXC シートポストDi2

 

 

サングラス     アディダス イーブルアイ・ハーフリムプロ(調光レンズ)
ヘルメット      
KABUTOOGK)ゼナード

グローブ    KABUTO (OGK) EXG-3
シューズ     SHIMANO SH-XC90L

ウエア     Wave One

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

SAVASウォーター     ボトル6本

SAVASプロ リカバリー プロテイン 1食分

アミノ2500     1本

ワールドカップ・ケアンズのレポート

2016年5月 2日


UCI World Cup #1 - Cairns (AUS/CM)

結果 67

開催日 4月24日(日)

開催地 オーストラリア・ケアンズ

天候  曇り・時々晴れ

 

コースプロフィール / コンディション

コースレイアウトを大まかに言うと、長いシングルの上りが1つ、そこから一気に下まで下るシングルが1つ、最後平坦を少し周っての1周回コース。

エリートのレース周回数は、7周回+短い平坦のスタートループ1周。

当日の路面状況はドライで、走行ラインには少しフカフカ・パフパフした赤土が浮き始めている。

コース上は下りも上りも平坦にもちょっとしたバンプや段差が多く、バイクへの加重・抜重と、ペダリング出力の加重・抜重の、テクニックと体力の両スキルが必要な面白いコース。

特に長いシングルの上りは、斜度の変化、トラクション・コントロールが難しい細かいコーナー、石・岩・根っ子の細かい加重・抜重の変化が多彩で、ライダーの多彩なテクニックと体力の両方が無いとスピードが乗らない。そしてスピードが乗らない状態での走行は、段差や斜度の変化をモロに受けるので、その度にトラクションに体力を割かなければいけなくなり、脚の筋肉にも時間にもダメージとロスが大きい。

しかし長い上りでスピードとテクニックを維持する為には、パワーとそれに見合った持久力が必要なので、ある一定のテンポで登っていけないライダーは、早く走れない事でトラクションに余計な体力を割かざる負えない。トラクションの筋疲労の負債をどんどん抱えて行くライダーはどん詰まりのスパイラルにハマる。早いライダーはより早く。遅いライダーはより遅くなる。ワールドカップのコースレイアウトと厚い選手層から生まれるライダー社会の流れは、格差が大きくなる一方だ。

ワールドカップでは、早く走る事が、より早く走る為のコツという事に思える。


 ケアンズ写真5.jpg

 

ケアンズ写真6.jpg

 

 ケアンズ写真4.jpg


 

 

・レポート

 

スタートは落車と混雑の中で、なかなか前へ上がって行くキッカケとなるスペースを見出せないまま進んで行く。瞬間的な出力の掛かりも悪く、とりあえずは位置をキープでスタートループと1周回目を進んで行く。

周回序盤のジャンプ・エリア手前が鬼渋滞したが、それ以外のエリアは比較的流れていて、ワールドカップにしては珍しく渋滞が少ないと感じた。

 2周目。ガツンとくる疲労も加速も感じないまま、比較的安定したペースで進んで行く。

まだ強度を上げ切れていない感覚を感じつつも、タレる事無く安定感を感じる。まだ練習での強度が足りていないのかもしれないが、以前よりは持久力に安定感がある。あとはもっと高い強度で走れるようになりたいところだ。

 3周目もタレる事無く進んで行く。平坦区間の走りは去年よりもコツと安定感を感じるが、上り区間で踏み負けている感は否めない。もっとアドレナリンに満たされ、強度に対して馬鹿になる必要があると感じた。もう少しリミッターを解放する為の練習が必要かもしれない。

 それと上りの斜度の起伏変化や岩・根っ子への対応力(加重・抜重ペダリングなどの技術と技術維持に必要な体力スキル)の必要性を感じた。シンプルな体力(乳酸闘値下・安定したペダリングでの体力)も必要だ。

 

5周回目。シングルの下で、気になっていたラインを試してみたらコース・アウト。

その勢いでチェーンも落としてしまいタイムロス。

その周回最後に80%カットで切られてマイナス2ラップで終了。

最後知らないラインを試さなければ良かったと思いつつも、今回はライダー・テクニックなどを含め、いつも以上にたくさんの情報に触れたので刺激的だった。

コース・アウトするまで一緒にいた集団がもう一周行けていたので少し残念。

まあそれでもマイナス1ラップだが...

この強度における持久力はまだ余力があるが、もっと高いスピードで走行する為のパワーと持久力(維持力)に回す体力的な余力は無い。

もう少し高い領域で走れるようになる為にも、筋力・強度の高い持久力・テクニックが必要だ。

次は2週間後のアジア選手権。2週間でやれる事は少ないので、短期的にやれそうな事だけやって、あとは消極的かつ適当にやり過ごすだけだ。

 

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク     ANCHOR XR9Sサイズ)
コンポーネンツ SHIMANO XTRDi2

ホイール    SHIMANO XTR 
フォーク    SR SUNTOUR AXON 120mm(サンツアー) 75bal
ハンドル        
SHIMANO PRO タルシスXC フラットトップバーDi2バークランプ
ステム          
SHIMANO PRO タルシスXCステム110mm -6°
シートポスト   
SHIMANO PRO タルシスXC シートポストDi2

 

 

サングラス     アディダス イーブルアイ・ハーフリムプロ(調光レンズ)
ヘルメット      
KABUTOOGK)ゼナード

グローブ    KABUTO (OGK) EXG-3
シューズ     SHIMANO SH-XC90L

ウエア     Wave One

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

SAVASウォーター     ボトル6本

ピットインゼリーバー     4本

SAVASプロ リカバリー プロテイン 1食分

アミノ2500     1本

Photo Gallery


Schedule

2012年スケジュール
準備中
少々お待ちください