全日本選手権のレポート

2017年7月27日


MTB全日本選手権大会

結果  5位

開催日 2017月23(日)

開催地 長野県諏訪郡富士見町 富士見パノラマスキー場

天候  晴れ

 

コース・プロフィール / コンディション

 上りの区間が長い印象のコース。当日のコース状況は、前夜から降った雨の影響で滑り易くなっているが、路面はそこまで泥にはなっていない。

 コース路面は結構凸凹としていて、硬いハードな路面区間が多く、スピードを乗せ辛い。

 凸凹の処理で脚や腰に疲労が溜まり易いコースという印象。

 細かいアップダウンは少なく、上り区間が長くダラダラと続くので、爆発力よりも持久力勝負な印象。

 

☆レポート

 佐野光宏さん写真6.jpg

写真提供:佐野光宏さん

 

 スタートは集中して走り出す。とにかく心を無にして気合いとか展開とか無しにして、自閉的な集中で、心静かに走って行く。

 途中のシングルで前に入られるが、それも気にしない事にして自閉的に走って行く。

 前を走る選手が上りでミスをして、先頭と離れるが、今回のテーマは無神経に集中する事なので、何も考えずに走って行く。

 2周目に入り、1周目に感じていなかった疲労感が出てくる。先頭とも一気に差が開く。

 先程よりもスピードが落ちて来ているため路面の凹凸を拾い易く、脚と腰に負担が掛かる。途中からまた集団になり一緒に走って行く。

 ミスもあったりしながらで、集団がバラけたり、追い付いたり離れたりを繰り返しつつ、レースは進む。

 

佐野光宏さん写真5.jpg

写真提供:佐野光宏さん

 

 暑さもあり、上手く路面を捌けなかったりして、徐々に疲労は溜まって行く。

 それでも、どんな状況でも心を無にする事が今回のテーマなので、とにかく何も考えないで集中して走って行く。

 

宮田 裕樹さんしゃしん1.jpg

写真提供:宮田裕樹さん

宮田裕樹さん 写真2.jpg

写真提供:宮田裕樹さん

 

 それでも身体が動かなくなって来て、ついにラスト周回に入る前にはハンガーノックになる。力と意識が遠のくで、それでも無になる為にできる限り瞳を瞑って、無だけに意識を集中させて走る様にした。

 

佐野光宏さん 写真4.jpg

 

 結果は5位で散々な内容だった。

 

 何も考えずに走ったので、展開はあまり覚えていない。

 ただ沢山の方々にサポートと応援をして頂いたのに、この様な結果を残してしまい、無念としか言いようがない。

 

 ただ最近は無的な集中を感じてきているので、強い想いや言葉などの『意識』的な邪念を排除し、ただ静かに集中して無心に取り憑かれようと思う。 

 

 たくさんのご声援とサポートをありがとうございました!

 沢山の応援が、力になり嬉しかったです!

 これからは確りと後半戦に向けて、無心で集中したいと思いますので、今後ともご声援よろしくお願い致します!

  ありがとうございました!!

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク     ANCHOR XR9Sサイズ)
コンポーネンツ SHIMANO XTR Di2 M9050シリーズ

ホイール    SHIMANO XTR 
フォーク    SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー) 75bal
ハンドル        
SHIMANO PRO タルシスXC フラットトップバーDi2バークランプ
ステム          
SHIMANO PRO タルシスXCステム110mm -6°
シートポスト   
SHIMANO PRO タルシスXC シートポストDi2

 

 

サングラス     アディダス イーブルアイ・ハーフリムプロ(調光レンズ)
ヘルメット      
KABUTOOGK)ゼナード

グローブ    KABUTO (OGK) PRG-5
シューズ     SHIMANO SH-XC900-S B

ウエア     Wave One

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

VVAMウォーター     ボトル6本

ピットインリキッド     4本

アミノ2500     1本

VAAM          1本

« 面倒くさくて上げてなかったレポート② | メイン | カナダでのレースレポート »

  • ANCHOR
  • OGK
  • adidas
  • holmenkol
  • savas
  • SHIMANO
  • WaveOne