醒める事のない退屈。日常の連続という悪夢。

2017年9月26日


ここ1ヶ月の日々は、僕にとって非日常的な時間が長く、
むしろ非日常的な時間が、日常化する楽しい日々だった。

競技生活が長くなると、マンネリという悪魔にとり憑かれる選手は多いと思う。
僕もその一人に違いない...。

長い長いワンパターンと、ルーティーンの中で、
同じ動作を積み重ね。同じ練習を積み重ね。経験を重ね。日々を重ね。年を重ね。
それでも同じ動作と練習と生活の日々を重ねる。


職人も同じなのだろうか?
職人は同じ様な動作を繰り返し、経験と日々を重ねて、より感覚や能力が研ぎ澄まされて行くのだろうか?

僕の経験としては同じ動作の繰り返しをすると、ある時点からその動作に使う神経が鈍る感じがする。
研ぎ澄まされる感じとは逆の方向に感じるけど、そこは人それぞれなのだろうか?
むしろ、いつもと違う動きや生活、いつもと違う内容に身を置く事で、そこに生じたズレを修正するための感覚が研ぎ澄まされる気がする。
対照的に、同じ動きを繰り返し続け、精度を上げる様なトレーニングを続ける事で、ズレに対する修正力や感度が鈍り、その結果 精度も落ちる事が多い気がする。




例えば毎日、朝昼晩365日カツ丼を食べ続けたとしたならば、
その日々を繰り返す事で、カツ丼の味に対する感度は研ぎ澄まされるのだろうか?
それとも同じ味を食べ続ける事で、神経は退屈し、退化していき感度は落ちていくのだろうか?
疑問はあれど、僕の経験的な感覚で言えば、後者。
だから非日常的な日常を、僕はいつも日々求めてしまう。

子供の頃に時間が長く感じていたのは、単に子供だったからではなく、子供だったが故に何も知らず、全てが新鮮で、全てにおいて学習途中であり、常に何かが変化していたからだと思う。
大人になると仕事に就き、ルーティーン化され、身体の成長も心の成長も止まるから、神経的に時間が短く感じるだけに過ぎない気がする。

僕はこの退屈から脱出するために変化を与えないと行けない。
ただ自分が自分による、自分の中にある選択肢とアクションで生み出せる自分の変化など、自分の中で既に構成された、自分の中の内容の変化に過ぎない。
だからこそ自分のまだ知らない土地や、人々との出会い、新しいコミュニティとシステムに身を置く事が一番の変化になるのだと思う。
だから僕の旅は、自分探しの旅では無い。まだ自分がいない場所を探すための旅であり、
その中で新しい自分が生まれ、結果 副産物的に新たに自分が見つかる事があるだけに過ぎない。


ああ。早くまたどこか知らない場所で、アクティブに動きまわって、新しい何かを経験したい。
その何かが想像できない事。それが一番の楽しみ。

写真18.jpg

その道の向こう側が気になる。
その好奇心こそが僕にとっての推進力。

東ティモールのレース

2017年9月25日


UCI C−1 東ティモール

結果  

開催日 2017年 9月 16日(土)

開催地 東ティモール

天候  晴天のち晴天。

 

コースプロフィール / コンディション

 コースは発展途上国らしいラフな作り。スタートからアスファルト・ダブルトラックの簡単な下りを走り、そこから村を抜けるダブルトラックの平坦を走って、乾季によってカッサカッサの、バッフバフになったダストな激坂を登って、カッサカッサの バッフバフになったフロントが取られそうなシングルを下って、もう一回トラクションを掛け辛い登りを上って、一周回の簡素なコースレイアウト。周回数は5周回。


東ティモール・レース写真.jpg

 


☆レポート


 レース3日前の試走で調子が良く、その勢いで練習を確りやったので、レース当日は少し身体が怠い。何より眠い。今回のレーススタート時間は10:30なので、遅起きな自分にとっては早いという事だろう。

 レースは今回アジアの辺境の土地で行われたため、少数での緩やかなスタートとなった。

 平坦を走って急斜度の登りに入ってからが勝負となる。

 激坂に入ったところで、ダンシングで踏んで行こうと思ったが、トラクションが全然掛けられず、減速と無駄な体力を消費する。

 試走の時は、それはそれは簡単にトラクションを掛けながらダンシング出来たのになぜだ!

 トラクションに手間取り、降車してバイクを押している間にポルトガル人に押し負けして前に入られるし、これまた下りは鬼の様な遅さで下るので、先頭から一気に離れるし。

 上手くダンシング出来ない。とりあえずトラクション掛れず、まともに走れない。

 試行錯誤しながらリズムを整えてトラクションの掛かる感覚を探す。

 

 からの、2周目終盤にパンクで乗車不可になり、ご愁傷様。

 そこからランニングでテクニカル・フィードを目指して走るしかないが、なにせ遠い。

 押しで走る平坦区間が長くて気が遠くなった。

 ホイール交換後、残りの2周半を走行して、レースは終了。

 

 トラクションが掛からなかった理由としては、恐らく本気でペダルを踏み込もうとすると身体の重心が前へ行き過ぎて後輪のトラクションが掛け辛いのだろうと分析。

 自転車は基本、後輪駆動なのでRRがベストだが、自分は前乗りなのでFRな状況。

 特に本気で踏もうとすると、ペダルに体重をより乗っける為により重心が前乗りになるので、体重を後輪に少し残す為にも、少し本気な気持ちを抑えて走った方が良いのだろうと思う。

 カナダ・アメリカの下り上りでもそうだったが、後輪に体重の重心をうまく残しつつも、ペダルに体重を乗っけって走れるかが鍵ではある。

 ペダルを踏む膝の前後位置が一緒でも、腰の重心を下げる事ができれば、結果として後ろに重心が行き、ハンドルの引きも強くなり、ハンドルの振りからのブレも減り、トルクの力のピークも少しは長くなると思うので、腰の低い低姿勢な走りを目指して意識を高めようと思う。

 

 今回の遠征は久しぶりに楽しい内容だったので、この内容を確りと活かして、低姿勢で腰の低い人となり、それを貫けるよう意識したい。

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク     ANCHOR XR9Sサイズ)
コンポーネンツ SHIMANO XTR Di2 M9050シリーズ

ホイール    SHIMANO XTR 
フォーク    SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー) 75bal
ハンドル        
SHIMANO PRO タルシスXC フラットトップバーDi2バークランプ
ステム          
SHIMANO PRO タルシスXCステム110mm -6°
シートポスト   
SHIMANO PRO タルシスXC シートポストDi2

 

 

サングラス     アディダス ZONYK PRO

ヘルメット      KABUTOOGK)ゼナード

グローブ    KABUTO (OGK) PRG-5
シューズ     SHIMANO SH-XC900-S B

ウエア     Wave One

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

VVAMウォーター     ボトル6

アミノ2500     1本

Photo Gallery


Schedule

2012年スケジュール
準備中
少々お待ちください