水曜日からは、今度はイスラエルへ・・・

2012年3月13日


今週はイスラエルへ行きます。

水曜日出発で、金・土曜日に2連チャンでレース。

 

イスラエル・・・。

どんな所だよ(笑)

エルサレムが在って、色々と深い問題が在るのは知ってるけど、、、

どんなレースになるのだろう?

まあ、こちらの方は特に深い問題は無い。

ただ、追い込むだけ。

そして何より楽しむ。楽しみ。

簡単だ。

 

初めての国なので、雰囲気が楽しみ。

時くんの初めてのレースがイスラエルなのにはウケるけどね~。

 

 


鴇到来

2012年3月 8日


ついに時君がフランスに到来。

そして、その1日前には雷太さんがフランスに来て、久しぶりに沢山日本語を喋った。

昨日には雷太さんは帰り、今日は時君と2人で買出し&カフェでネット。

午後からは練習だ。

 

それにしてもビクターが来ると騒がしいというか、何というか。。。

疲れるね。

ビクターも昨日帰ったので今日は静かにゆっくり出来る。

今日からゆっくりと来週のイスラエルの遠征に向け、落ち着いて練習が出来る。

しかし、時くんの初めてのレースがイスラエルというのはウケる。

初っ端から大冒険だ。

 

それでは、また。

 

 


頭ヤバイ

2012年3月 6日


マジでお疲れ様(自分)。

ポルトガルのレース。今回はマジ出し切って、ヘロヘロ。

そしてその足で、ポルトガルからフランスまで夜通し・昼通し移動。

15?16?何時間だか知らんが、フランスまで不眠・移動。

レース疲れ。移動疲れ。眠れず疲れ。メールboxのパンドラの箱開けて愕然。

でも一応ブログ更新。

 

という事で、先々週と先週のレースレポートとりあえず?

的な感じで、貼り付け。

 

Portugal Cup XCO - Silves (エリート男子)  UCI Classe2- XCO
結果  リタイア
開催日 2月26日(日)
開催地 ポルトガル
天候  晴れ
コースプロフィール / コンディション 
とにかくきつい上りが多く、コース幅が狭い。ちょこまかしたコーナーと、狭いシングルが永遠と続く。
乾燥したパサパサした路面。小さい石が多く、グリップが少ない。
ラインも限られ、キャンバーが多い。そしてとにかくコース幅が狭い。
1周の距離が5.5km。周回数5周。テクニカルフィードゾーンは1ヶ所。
スピードが余り出せないコースレイアウト。今時のUCIレースとしては珍しいコースレイアウト。


☆レポート

スタートはまたもや失敗。ペダルを上手くはめられず、出遅れ。
でもスタートの走り自体は良い感じだ。
最初の上りに入り、前の人との差を埋めようとするが、トラクションが上手く掛けられず詰め切れない。
次の上りに入り、積極的に踏みたいのだが、やはりトラクションが上手く・・・。
焦りとスタートの疲れもあり、余計トラクションに欠ける。
踏もうという気持ちが先走る。
踏む余裕はまだある。でもトラクションを掛ける余裕が少ない。

下りに入り、オフキャンバー気味のコーナー。
掘れたラインを外してからの、インへの切込みでタイヤがパンクして即死。
担いでテクニカルエリア目指して走るが、テクニカルエリアを過ぎた後だったので遥か先。
後ろから来るライダーに、「退け!退け!」言われ退くが切が無い。 違うクラスのライダーも同時スターとだったので、人数がやたら多い。
しかもコースは、ほぼシングル。 ラインは1つ。 コース幅狭く、コーステープを張っている棒にめっちゃ引っ掛る。
走る時間が7割だとすると、コース譲る時間が3割だ。

スタート地点に着き、落ち着いて周りを見わたすと、
これからまだ続くコースと、その反対側に見えるテクニカルエリア。
後ろから迫る、トップ集団。
これ以上担ぎで走っても、バイクに乗れないとのでは意味が無いと思った。
次のレースと練習に差し支えるので、リタイアする事にした。
自分でリタイアするのは満足いかないが、次のレースも駄目ではもっと満足がいかない。
仕方ない。切り替え重要!


★今日の反省
・スタートでペダルを嵌めるのを失敗した事。
 気合い入れ過ぎたか?
・上りのトラクション。
 手足が短い性かな?


次週もポルトガルでレース。今度こそは自分の力を出し切る!
燃え尽きて、レース後に美味しいご飯を食べる!!

平野 星矢


使用機材
バイク      ANCHOR 29プロトタイプ
コンポーネンツ SHIMANO XTR
ホイール     SHIMANO XTR
フォーク     SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル       SHIMANO PROシマノプロ
ステム        SHIMANO PROシマノプロ
シートポスト    SHIMANO PROシマノプロ

サングラス    KABUTO(OGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット     KABUTO(OGK)レジモス スペシャル・チームカラー
シューズ     SHIMANO SH-M315E
ウエア      Wave One

サプリメント   SAVAS(明治製菓)
ピット イン リキッド
SAVASスポーツウォーター
パワーアミノ2500

 

~~~~~~~~~ レースレポート第2段 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

Portugal Cup XCO - #2 - Povoa de Lanhoso (エリート男子)  UCI Classe- XCO

結果  8

開催日 3月4日(日)

開催地 ポルトガル

天候  晴れ

 

コースプロフィール / コンディション 

細かいつづら折れの、上り下りが多いコース。シングル率が多く、長い上りが最後に1つ。

前日から当日の朝まで降り続いた雨によって、コースコンディションはマッド。

周回数は6周。

 

 

☆レポート

 

今回のスタートは、良い感じ。

いつもより余裕を持つように意識。あまりペダルを嵌めるイメージ持たずに、自然にスタートするようにした。

良い加速感を味わいつつ、余裕を持ってスタートループを走る。

スタートでは、もっと前を走りたかったが、今回は2列目スタートだったので前へ出辛かった。

雨で路面がスリッピーなので、リスクを避けてチョイ後ろを走る。

 

シングルに入り、10番手くらい?

コーナで突っ込んで来た奴に前へ入られる。突っ込んで来た割には、前の人との車間距離を開ける。抜かして、前に詰める。

長い上りに入り、前の選手が詰まる。路面状況がやや悪いので、抜かし辛い。

その間に、前の集団が~。退いてくれ~。

 

2周目に入り、集団に追い付けず1人旅...。かと思っていたら後ろから新手現る。

プレッシャー受けるのは嫌いなので、長い上りで立ち漕ぎ祭り。

千切る事に成功したが、胃が痛い。でもアドレナリンとドーパミン出ているので大丈夫。

これが出ている間は、苦しくてもよく分らない。

でもザバスのボトルとリキッド・ジェルが飲めないのが痛い。

 

3周目からは、良くある1人旅。

1人旅は好きだ。自分のビートを刻めるから。(でもどうせならトップ走りたい。) 

「落ち着いて息を整えよう」と思いつつ、「落ち着いたらアドレナリンとドーパミンが引いてしまうから、落ち着いては駄目だよ」と、頭で格闘しつつ走りを進める。

 

※今回も女子エリートと合同の、同じ時間帯でのレース。

2周目からは中々走り辛い。

みんな同じ条件だと思いつつも、タイミング悪い所で前詰まるとあまり良くないよね。

上り返しの勢いで行く所とかは特に。

 

4周目。そろそろ補給を確り取らないとマズイ。

コース序盤にあるフィードでリキッド・ジェル取ろうとするが、こういう時に限ってビクターが焦ってリキッド・ジェルを落す。

しかし、そのジェルを必死で拾って渡そうとする姿に感銘を受け、気持ちを受け取る事に成功?

その周回、最後の長い上り途中にもフィードゾーンがあるので、そこでリッキド・ジェルを受け取るが、何しろ上り途中。とてもでは無いが飲み込めない。

SAVASのリキッドは飲み易いし美味だが、酸素吸うのに必死過ぎてジェルが吸えない。間違って肺に入り兼ねない位きつい。

 

5周目。アドレナリンがストップ。

こうなると精神的にきつい。そして力が出ない。

エネルギッシュに、ダイナミックに走りたいが、もうヘナヘナ。下りも上りも身体に力が入らず、元気が湧かない。ポイントが掛かっていると自分に言い聞かせても力が出ない。

仕方がないので、後はアドリブ。

 

6周目。後ろからライダー2人が迫るが、力湧かん。

1人に抜かされるが、攻撃力・防御力はほぼゼロ。 HPも後わずか。

残りのHP使って、自分の走りにだけ集中するしかない。 抜かされてもシカト。

どうにか、もう1人のライダーには抜かされずに済んだ。

8位でゴール。

 

 

 

★今日の反省

・スタートでもう少し前へ行けなかった事。

 その差で序盤の先頭集団に加われるかが、決まる?

・補給が不足だった事。

 序盤の確り補給で、後半も粘りある走りへと繋がる?

 

 

来週はレースたぶん出ないので、2週間後のイスラエルのレースに向けた練習を確りして、その後の成長へと繋げたい。

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク      ANCHOR 29プロトタイプ
コンポーネンツ SHIMANO XTR

ホイール     SHIMANO XTR
フォーク     SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル      
SHIMANO PROシマノプロ
ステム        
SHIMANO PROシマノプロ
シートポスト   
SHIMANO PROシマノプロ

サングラス    KABUTOOGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット     KABUTOOGKレジモス スペシャル・チームカラー
シューズ     SHIMANO SH-M315

インソール   友永さん特性

ウエア      Wave One

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

ピット イン リキッド

SAVASスポーツウォーター

パワーアミノ2500

 


なぜだ!?

2012年3月 4日


なぜか疲れMAXで追い込めない今週。

木曜日は追い込みの日であったが、また追い込めずに終わった。

なぜだ!? なぜ追い込めない? なぜ疲れている?

先週のレースは1周目リタイアで、全然走ってないのに。

普通なら疲れていないはずだ。しかし疲れている。

この疲れはなんだ!?

 

追い込みだというに、全然力が出ない。

パワーが出ない。乳酸も出ない。筋肉が収縮しない。

ダラダラながら、とりあえずメニューを1セット。

2セット目。さらに力でない。

とりあえずペダルに全体重を乗っけて、トラクション・フォーム無視して踏むが、力が無い。へなへなだ。

セット途中で立ち止まり、考える。 いつもと違う疲れ。乳酸が出ずに追い込めない。

ああ。先週のレースでランニングし過ぎたせいだ...。だぶん。

トルコのレースも後も同じ様な感じの疲れだった。その時もランニングをたくさんしたな。

 

ちきしょう! レースをリタイアでポイント・経験値ゲット出来なかったばかりか、今週の貴重な練習までも失ってしまった。

残るは今週のレースしかない。

もう全力で回復するしかない。

そして全力を出し切るしかない。

そして良い思い出を、ここポルトガルへ刻み、フランスへと帰りたい。

苦い思いでも良いが、甘い思いでもないと苦い思い出が引き立たない。

明日はレース。 明日は良い思いで・楽しかった思い出を作る。

 

そして今までビクターやフェリックスとの遠征が続いたが、来週からは時君も合流する。

新しい生活が始まる訳だ。

その前に1度、ここに思い出を残して行くぜ!

 

それでは、また。

レース頑張って来ヤス。

あばよ!


リタイア~~~~

2012年2月27日


今日はやってやるぜと、やる気MEGA・MAXで挑んだが、結果はリタイア。。。

やってしまった。

やってやる積もりで挑んだ訳だが、本当にやってしまった。。。

 

レースは、1周目序盤にタイヤがパンクして即死。

今回は色々と運が悪かった。

15分近く担ぎで走ったが、今回のコースレイアウトと、もげたタイミングが悪過ぎた。

今回のコースは1周回のループが長く、尚且つ1ヶ所にしかテクニカルエリアが無い。

そして、テクニカルエリア過ぎてからのトラブル。

なんて事だ! 走れど走れど、見えぬテクニカルエリア!!

目に見える80%カット。

 

あぁ~。 しゃーないわな~~。

 

くそったれ!!

この怒れる思いを、どこにぶつけよう!

来週のレースだ!!

待ってろや! ボケ~!!

 

 


ポルトガルじゃ~い!

2012年2月25日


今は南ポルトガルに来ています。

滞在中のホテルから海まで自転車で5分と掛かりません。

暖かく、昼はお天道様でポカポカ陽気♪

やはり暖かいって良いですね。

海の匂いと、春の香り。。。

ん~! 最高!!

 

桜の花まで咲いてます。

ここはマルセイユよりも暖かく、ソレイユがが似合う白い家々が並び、綺麗だ。

ポルトガルはどうやら、自分に合うようだ。

ヨーロッパだけど、また違った雰囲気で面白い。

北アフリカのに近い性か? アラブのような、イスラムのような感じもある気がする。

 

脚の方はまだ回復していないが、頭の方は回復して来たよう。

視界イッパイにソレイユ!

暖かい風が届けてくれる、海の匂いと春の香り。

広がる海。 桜。 馬鹿でかいアロエ。

最高だ!

 

そして今日は、久しぶりに幸平さんと会った。

幸平さんも今週は同じレースに出るらしく、ポルトガルへ来ている。

タンピエというフランスNo.3に位置する彼と一緒に遠征しているよう。

そして今日の夜は皆で会食。

みんなで食べるご飯は美味しい。

いつもは1人で食べているので、こうして遠征へ来ると色んな人と会う機会があるので楽しい。

こういうのも良いもんだ。

 

でもレースでは敵ナリ! 負けねーからな!

頑張りMEGA・MAXで、負けん気もMEGA・MAX!


今年の目標!

2012年2月23日


今年の目標。

今年の目標は、幸平さんを倒す事。

そして、オリンピックに出場する事。

などなど・・・。

 

まあ大きく2つの目標がある訳ですが、何と言っても今年の1番の目的は、

幸平さんを倒す事!

 

勝手に標的にして、燃えてる訳です。

どこかの誰かさんバリに幸平さん意識している訳ですが、この際良い機会だから胸を借リるつもりで、飛び込んでみようと思います。

とにかく青春を貫き通したい!ただそれだけだ。

青春・友情・甘酸っぱい思い出・etc.etc...とにかく熱く燃えて、散って行きたい!

 

他に意味は無いし、僕の目指すものは無い。

何も考えず生きた結果が、これだ。

 

MTBが好きでI-nacに入った訳でも無いし、

世界チャンピオンや、全日本チャンピオンに憧れて、この世界に入ったわけでもない。

しかし自分が、これは面白いと思った方向に進んで来た事は間違い無い。

これは面白い!

ワクワクする!

ゾクゾクする!

と思う方向に進んで行ったら、なぜか今がある。 

だから考えても無駄なのだ。

とにかく、熱く燃えたい!

ゾクゾクする! 興奮冷めやらぬ! 青春! 熱い思い! 友情! ぶつかり合う思い!

甘酸っぱい思い出。etc.etc...。

意味は分らないが興奮するぜ!

 

行ったるぜ! ぶっこむぜ! ぶっ飛ぶぜ!

明日からポルトガルへぶっ飛びます!

ポルトガルで2周連続のレース。

では、では。

 


レースレポート・・・。

2012年2月20日


先週のトルコのレースレポート・・・。

今更ですが、レースレポート貼り付けときます。

すみません。ブログの更新やレースレポートが遅くて、、、

家にネットが無い分、作業が進められなくて、パソコンに溜まった作業がいっぱいです。 ブログまで手がなかなか届かなくて。。。

普段から少しずつ出来ればこんな事にならないのだろうけど。

塵も積もれば山となるとはこの事だな。

 

そして、積もっている塵の山がもう1つある。

それは、ストレス。

フランスに来てから積もったストレス?

単なる疲れ? トルコのレース前に積もったストレス? レース後のストレス?

パソコンのストレス?

分らんが、臨界点に達した僕のストレスは、自分が気づかない内に溜まっていたもの。今週は、そんな事もあり、頭が停止状態。

練習中も集中力に欠け、「ああ。追い込めない~」とまたストレス溜める悪循環に陥りそうになり、途中で練習切り上げてお家でおねんね。

それでも頭スッキリしないので、車でドライブして来た。

 

時速30kmの低速で、この寒い中窓全開。

景色見ながら、風を感じつつ。 途中止まって、どこにでもあるようなブドウ畑で1人たたずんで来た。

その後、綺麗な小さい町を歩き。 町の教会に入り、1人世界平和を願い、

町のカフェテラスで、コーヒーとアップルパイを食べて、夕焼けを眺めながら一眠り。

日が暮れたので、再び車に乗って窓全開でドライブ。風は気持ちい。

家へ戻るが、家にいるのは嫌だ。頭が重い。

仕方ないので近くの町でピザかって、その足で1人山へ行き、星を眺めて来た。

星は綺麗だ。

その後、好きでもないビールを買って、飲みながら村を歩いた。

普段やら無い事やって、だいぶストレスは解消!

したと思う・・・。たぶん 

 

で最後になりましたが、レースレポートです↓↓↓

 

 

Salcano MTB Cup #1 - Polonezkoy/Istanbul (エリート男子)  UCI Classe- XCO

結果  10

開催日 212日(日)

開催地 トルコ イスタンブール

天候  晴れ

コースプロフィール / コンディション 

コースには雪が積もり、雪と泥の混じったマッドコンデション。

主な上りは3つ。 1つは斜度がきつい坂で、全て押し。 周回数は6周。

 

 

今回のトルコ遠征・・・。なぜトルコ!?と思われる方も多いと思います。

僕も少し思った(笑)。 

トルコ!?みたいな。。。

トルコと言ったら、ケバブと伸びるアイスのイメージ!

レースのイメージ無い。でも以外にUCIレースが多い。

 

今回のトルコ遠征の最大の目的は、"UCIポイントを獲得する"事であり!

そしてポイントをたくさんゲットして、何としてもオリンピック枠を2つ確保しようという計画!

どこまで行けるか分らないが、行ける所まで行くしかない!

1度っ切りの人生。精一杯楽しみます。

 

 

 

☆レポート

 

今年初のレース。そして初めて訪れたトルコ。

初めてのビクターと2人切りの遠征。初の雪の中でのレース。

色々と初めて尽くしで、今回は何かとトラブルの多い遠征となった。

 

 

レース当日。

 

今年初のレースという事もあり、スタート3時間前からドキドキ。。。

しかし、特攻服(ウェイブ・ワン)へ着替え終え、レース会場へ向かう頃には良い感じでリラックス♪

 

会場に到着し、ウォーミングアップを開始。

アップでロードを走行中に、トルコ人の少年達に雪玉をぶつけられ、怒りを覚えたが、レース前なので我慢、我慢。我慢だ、、、

構ってあげる時間は無い。

 

今回、去年に比べてウォーミングアップの時間と、ダッシュの数を減らしてレースに挑んだ。

去年はスタート前からアップで追い込み過ぎて、スタートの時には疲労感をだいぶ感じていたので、今回はやり方を少し変えてみた。

 

今年初めてのレース。スタートライン立つが、思っていた程は緊張していない。

レースへの不安や恐怖を感じていない。

苦しい事や結果を恐れず、自分を追い込む自信がある。

結果も大事だが、1番大事なのは今を生きる事!

 

スタートの笛が鳴り、ペダルを踏み出す。

が、笛が鳴る前に皆飛び出してるし!

と同時に隣からライダーが思いっきりぶつかって来た。

横に弾かれ、シューズからペダルが外れる。

もう始まってしまったものは仕方ない。かっ飛ばす!

前列スタートだったが、シングルには10番手位で突入。

1度シングルに入ると、もう抜かし所が無い。

雪と泥に阻まれて、うずうず。

コース広めの所で抜かそうとするが、トラクションが抜けてしまい、抜かせない。

接触などで足を付き、バイク押したりして上手く走れなかった。

 

2周目に入る前の上り。全て押しの長い上り。

ヤバイ。押しと担ぎ遅すぎて、抜かれ離され、さあ大変。

短い上りで、抜かされたライダーには追いつくが抜かす所まで行けない。

シングルに入り、上りで失敗して離され、再び追い付き抜かすが、また押しの上りで抜かれる。これの繰り返し。悪循環だが仕方ない。

押しがもっと早ければなとは思うが、もう全快です!

 

4周目に入り、右のシューズに違和感。

シューズのクリートが前後にグラグラと...。

気のせいか? 

いや!これは外れそうだ...、きっと?

走りながら考えてみたが、解決策無さそうだし、面倒だから止まらずに最後まで走る事にした。

どちらにしても、泥でクリート嵌まり辛いし...。いや、外れそうだから嵌まらないのか?

まあ、どっちでも良いか。

最悪外れても走行可能。

 

しかし、そのわりには後半に掛けての上りは、ダンシングで良い感じで走れた。

足は冷え切って感覚無かったが、腰から踏めている感じがあったので、以外に踏める感じがある。

そしてシッティングは、きつい上りに関してはあまり良い感覚では無いが、フラット気味の上りに関しては腰が入ってきている感じがある。

 

最周回、最後の上り坂を全快で押してゴール。

相変わらず押しは遅かった。

もしや無意識にセーブしているのではないかと思い立ち、最周回の最後の上りで、これでもか!と押してはみたが、結果は一緒だった。

 

 

★今日の反省

・スタートでアグレッシブに、当たり負けしない男らしいワイルドな走りが出来なかった。

SPDクリートのメンテナンス不足。

去年の9月に、いじって以来触っていなかったので、完全なメンテ不足。

ランニングが入る時は特に気をつけるべき!

 

 

平野星矢

 

 

使用機材

バイク     ANCHOR XIS9
コンポーネンツ SHIMANO XTR

ホイール    SHIMANO XTR
フォーク    SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル       
SHIMANO PROシマノプロ
ステム         
SHIMANO PROシマノプロ
シートポスト   
SHIMANO PROシマノプロ

サングラス    KABUTOOGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット    KABUTOOGKレジモス スペシャル・チームカラー
シューズ   SHIMANO SH-M315E

ウエア    Wave One

サプリメント サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

ピット イン リキッド・ SAVASスポーツウォーター・パワーアミノ2500。 

 


トルコ

2012年2月13日


トルコの写真です。

 

トルコに着いて、ホテルに向かう高速道路。 P2100095.JPG

高速の路上で物を売人達。

奥の人が持っているもの、

一瞬ケバブかと思って興奮したが、持ってるのはパンだった。

少し残念。

1番手前の人が弓矢を持っていて、その次の人がシャボン玉。 その次が、パンを持っている。

ん~。何ぜここで、それを売ろうと思ったのか理解できないが、面白い人達だ。

 

 ホテルに着き、窓から外を眺めると、、、P2110103.JPG

 あ! モスクだ!!

朝の6時からコーランが大音響で流れてくる。

しかもモスクの数ハンパね~。 いたる所に、このサイズのモスクが存在する。

イスラム教ハンパね~。

 

レース後、ケバブ食べた後に、今度はレストランでまた違ったケバブを頂いた。

P2130133.JPG

ん~。

ケバブってもっとジャンキーな物だと思っていたが、意外にサッパリ。

レース前に食べていたパスタとかライスとかの方が、バターでベトベトでジャンキーだった。

このケバブ脂身・ソース一切無し。塩味とカレーの風味だけ。

 

美味しくない食事に出会うのも、旅の楽しみだ。

 他にも色々と写真あるが、ネットやるのに限界あるから、今日はこれだけ。

 

ああ。

今日もパソコン作業を25%しかする事が出来なかった。

帰って頭休めよう $¥?@;<3#^


こんにちわ


皆様。ご無沙汰しております。

私、平野星矢。

無事トルコに到着しております。

そして今日レースして来ました。

今年初のレース。

ドキドキ。ハラハラ。

そして人生初めての雪の中のレース。

トラブル続出で、中々の楽しい遠征だ。

ここでは記入できないトラブルから、小さいトラブルまで、色々と楽しい。

 

そうそう、結果の方は10位だった。

まあまあかな?

まだ、幸平さんを倒せるレベルでは無いが、去年よりは出だしは良い。

 

そして話は全く代わるが、

トルコのケバブ店の数は、ハンパ無い。

隣接し過ぎだ。

ケバブ屋さんの隣は、ケバブ屋さん。

その隣がケバブ屋さん。

道を挟み、その向かい側にあるのがケバブ屋さん。

その隣がケバブ屋さん・・・。

その隣は、さすがにケバブ屋さんではないが、その隣はケバブ屋さん。

どんだけケバブ!

 

さすがは国民食。

半径100mには信じられない程のケバブが存在するに違いない。

カーナビにケバブ店の検索掛けたら、画面が大変な事になりそう。

 

カルチャーショックなど、色々とショックを受ける


Photo Gallery


Archives

カテゴリー最新記事

トルコ遠征。レース②
トルコ遠征。レース①
イスタンブールのレース。
白馬大会
醒める事のない退屈。日常の連続という悪夢。
東ティモールのレース
フィリピンの海へ行ってきます。
カナダ・アメリカ遠征
アメリカのでのレースレポート
カナダでのレースレポート
全日本選手権のレポート
面倒くさくて上げてなかったレポート②
面倒くさくてブログに上げていなかったレポート①
ブログもレポート書くのも面倒くせぇ、
八幡浜のレースレポート。
常夏のThailandからの、 真冬のJAPAN。
あけましておめでとうございます。
出会いと別れに感傷的になった、フィリピンでの2週間。
CJ-1 一里野大会
CJ1妙高競争報告

2017年

11月 [2]
10月 [2]
9月 [2]
8月 [4]
7月 [4]
4月 [1]
2月 [1]
1月 [1]

2016年

11月 [1]
10月 [1]
9月 [2]
7月 [2]
5月 [4]
4月 [1]
3月 [3]
1月 [1]

2015年

11月 [1]
10月 [3]
9月 [1]
8月 [1]
7月 [1]
6月 [1]
5月 [2]
4月 [1]
3月 [5]

2014年

11月 [2]
9月 [2]
8月 [2]
7月 [1]
6月 [2]
5月 [2]
4月 [2]
3月 [3]
2月 [1]
1月 [1]

2013年

12月 [4]
10月 [2]
9月 [2]
8月 [1]
7月 [2]
6月 [1]
5月 [6]
4月 [8]
3月 [4]
2月 [5]
1月 [5]

2012年

12月 [15]
10月 [2]
9月 [1]
8月 [5]
7月 [2]
6月 [7]
5月 [6]
4月 [10]
3月 [12]
2月 [9]
1月 [8]

2011年

12月 [5]
11月 [9]
10月 [12]
9月 [10]
8月 [19]
7月 [14]
6月 [12]
5月 [10]
4月 [16]
3月 [11]
2月 [10]
1月 [9]

2010年

11月 [1]
10月 [1]
9月 [3]
8月 [1]
7月 [1]
5月 [1]

Schedule

2012年スケジュール
準備中
少々お待ちください
  • ANCHOR
  • OGK
  • adidas
  • holmenkol
  • savas
  • SHIMANO
  • WaveOne