上京

2013年10月16日


東京にあるナショナルスポーツ科学センターへ来てみました。
環境代えて気持のリフレッシュを図りつつ、OFFトレ&東京散策してみようという魂胆です。
ランニング。筋トレ。スピロタイガーなど。
慣れない運動なので、ゆっくりと落ち着いて、じんわりと楽しもうと思います。

とりあえずは3週間。
脳の活性化をはかります!
新しい発見をたくさんする事が今回の課題。
脱マンネリ。カモーン!新世界 !!


一里野のレースレポート


Jシリーズ 一里野大会

結果  3位

開催日 10月13日(日)

開催地 石川県白山市 一里野スキー場

天候  晴れ。

 

コースプロフィール / コンディション 

ダラダラとした長い上りが多いコース。芝生が重く、スピード感は無い。

下りはテクニカルな所は比較的少ないが、最後のシングルはマッドの嫌らしい感じ。

周回数は6周。

 

  レポート

 

今シーズン最後のレースとなる一里野は、Jシリーズとしては今年最初で最後のレース。

ポイントが無いので略一番後ろからのスタートだ。

スタートでどれだけ上手く抜かして前へ行けるか。そして脚を回して行けるか。を意識してスタートに並んだ。

緊張感は全く無く、久しぶりに楽しい気持でレースが始まった。

 

スタートは混雑と前日の雨の影響で押しが入りながら進んで行く。泥やシングルに阻まれつつも、少しずつ前へ上がって行く。

 

2周目の上り。先頭2人にだいぶ詰める事が出来たが、シングルの下りでまた差が開いてしまった。どうやら自分のシングル走行は、バランス的には相当遅いようだ。

3周目。先頭から下がって来た健さんを抜かしたが、亮さんとの差は開いてしまった。

先頭の亮さんはパッと見,踏んでペースが上がっている様に見える。

自分はとにかくペダルを回す事を意識して進む。


 IMG_9611.JPG


4周目から5周目辺り。脚があまり回らなくなって来た。

同じ筋肉を使用し過ぎて、上手く動かなくなって来た感じがある。

上りはシッティング固定で回す様にしてきたが、5周目辺りから試験的にダンシング入れて、進む場所を探して走った。

5周目で健さんに抜かれてからは、また3番手を走って行く。


IMG_9657.JPG


6周目はダンシングを多めにして走った。

トラクション掛ける様な場所はダンシングが上手く入らなかった。

 

3位でゴール。

疲労感が少なく出し切った感じは少ないが、余裕は特に無かった。

少し回し過ぎて、大きい筋肉を動員できていなかったのが残念だったと思う。

今回は上手く脚を回す事は出来たので、これに次はトルクを掛けて踏むリズムを,上手くコンビネションさせて走れたら面白いと思う。

 

 

最後まで応援して下さった皆様、ありがとうございました。

今シーズンもサポート・応援、ありがとうございました。

今シーズンも自分が納得した走りが出来なく残念な思いもありますが、最後は楽しくレースを走る事が出来き、とても嬉しく思います。

これも、いつもと変らない応援をして下さる皆様のお陰です。

来年もサポート・応援して頂けたら嬉しいです。

 

全てのレースを楽しく。全ての練習を楽しく。生活の全ての楽しく。

楽である事よりも、楽しくある事を。苦しく思うよりも、楽しくある事を。

全ては楽しく!面白く! 来年こそは全てを楽しくエンジョイしたいと思います。

応援よろしくお願い致します!

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク     ANCHOR プロトタイプ
コンポーネンツ SHIMANO XTR

ホイール    SHIMANO XTR
フォーク    SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル        
SHIMANO PRO XCRカーボンワイド・660mmバックスイープ9°
ステム          
SHIMANO PRO ステム100mm
シートポスト   
SHIMANO PRO VIBEカーボンシートポストJ

サングラス     KABUTOOGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット      KABUTOOGKレジモス ANCHORMTBチームカラー
シューズ     SHIMANO SH-M315

インソール   友永さん特性インソール! (ERGOMOTION) エルゴモーション!

ウエア     Wave One 半袖タイプ・レーパンのショートタイプ・靴下(白・赤)

グローブ    KABUTO(OGK) PRG-2

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

SAVASスポーツウォーター 

ピットインリキッド    3本

リカバリーメーカーゼリー 1本


鉄が冷めてたから打たなかった。

2013年9月11日


僕の好きな ことわざ を一つ。
鉄は熱い中に打て!

これは僕のブログ・Facebook・Twitterの事だ。
つまり、、、

1.鉄は熱い中にたくさん打っとけ。
2.鉄が冷めない様な工夫をしろ。
3.鉄は冷めたら打つな。
4.鉄を打つ前に、先ずは熱くしろ。

今は4.の状態を頑張ってるのかな?
鉄もキーボードも打つ前に、先ずは情熱だ。
という事で、最近はYouTubeで情熱大陸を見てる。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そして最後に、MTBレースの告知を一つ。

10月6日 (日) に、「アドベンチャー in 富士見」が開催されます。
内容は富士見の山を一つ使った、35kmのMTBマラソンレースです。
MTBのロングライドやレースに興味ある人は、是非ご参加下さい。


J2雫石のレースレポートです。

2013年9月 3日


レースは、泥ドロ→ランニング→パンク→もっとランニング

と最悪でしたが、遠征だけは楽しめました (- -)/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 J 雫石大会

結果  7位

開催日 8月31日(土)

開催地 岩手県岩手郡雫石町高倉温泉 雫石プリンスホテル横

天候  雨。マッド・コンディション

 

コースプロフィール / コンディション 

最初にガッツンと上って、ガツンと下って、

後はダラダラ平坦基調の上りを走って、最後にちょいっと上って下るコース。

周回数は6周。

 

  レポート

 

 今回のレースは、完璧な泥のコース。泥々のヌテヌテがひたすら続く。

スタートして間もなく 自転車から降りて 押して上る事になる。

しかし、今日の押しはなぜか脚回りが軽い。最初の長い坂は、意外にも押しだけでトップ通過。

その後は平坦基調の上りだが、中々進まない。

 マッド・タイヤは持っていないので、今回オールラウンド・タイヤでレースに参加した。

オールラウンド・タイヤは、その名の通り、雨でも大概は行けてしまうタイヤだが、今回は完璧な泥。田んぼ(ヌテラ系路面)ではグリップが稼げなかった。

上りは乗車出来ず、上りランニングをメインにレースは進み、2周目下りでパンク。

テクニカル・フィードまでランニングをして、パンク修理をして再びレースを走り出す。

とにかく最後まで追い込む事が重要なので、集中して走る様にした。

 それでも上りは乗車ができない。押しが何度も入る。

それにしても、あの1周目の俊敏なランニングはどこへ行ったのだろうか?

どんくさいランニングをして行くしかなかった。

 

結果は7位。

マット&パンクで全く走れなかったが、タイヤとタイプが泥レースには全く合わないので、とりあえずは切り替えでしょ!

今回のレース、1周目のランニングにキレがあったので、今年のOFFは是非とも押しにも磨きを掛けたいと思った。

 

 

平野星矢

 

 

使用機材

バイク     ANCHOR プロトタイプ
コンポーネンツ SHIMANO XTR

ホイール    SHIMANO XTR
フォーク    SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル        
SHIMANO PRO XCRカーボンワイド・660mmバックスイープ9°
ステム          
SHIMANO PRO ステム100mm
シートポスト   
SHIMANO PRO VIBEカーボンシートポストJ

サングラス     KABUTOOGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット      KABUTOOGKレジモス ANCHORMTBチームカラー
シューズ     SHIMANO SH-M315

インソール   友永さん特性インソール! (ERGOMOTION) エルゴモーション!

ウエア     Wave One 半袖タイプ・レーパンのショートタイプ・靴下(白・赤)

グローブ    KABUTO(OGK) PRG-2

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

SAVASスポーツウォーター 4本

リカバリーメーカーゼリー 1本



全日本を終えて。

2013年8月 1日


修善寺の全日本選手権を終えてからは、なかなか行動的な生活を送っています。

全日本後は海鮮食べて、
20130720_193744.jpg

そのまま愛知の方へ友達と遊びに行き、海で遊んで、
20130721_212657.jpg
久しぶりに飲んで、

松本に帰って来てからは、遠征の片付けと引っ越しの片付けしながら、
20130724_194845.jpg


今度はSIMANOバイカーズの準備。
イベント前には富士見の主である、マシュンさんと朝っぱらトレールライドww
からの、シマノバイカーズ。


終えてからの、飯田合宿。
20130730_165225.jpg
やや睡眠不足でお疲れ気味な僕でしたが、今はやっと時間と気持も落ち着いて、
ブログの更新ですw

今もまだ飯田で合宿中です。
ちなみに滞在先は、飯田市 川上村にあるボンシャンス飯田の宿舎。
山奥の田舎村にあり、なかなか穏やかな場所ですね。
ここは山ばかりで、トレーニングは山。もしくは谷間です。
なかなかの良い環境です。

という事でまだしばらくは山奥深くで、夏休み気分で合宿を楽しもうと思います。




明日からシマノバイカーズで富士見へ

2013年7月25日


明日からシマノバイカーズに参加するために富士見入りです。
僕も一般としてレースに参加した事がありますが、今回は招待選手としての参加。
楽しみです!

その前に、先ずは明日の朝連から。
駿さんとのトレールライドをメイクの予定。
楽しみだ! 

よっしゃ!先ずは寝るか!!



全日本選手権は4位でした。

2013年7月22日


全日本選手権は4位でした。
結果が付いて来ず、正直ガックししますが、
こんな事で諦めず、こんな所で立ち止まらず、
もっともっと頑張って、理想の走りを目指して行きます!
応援よろしくお願い致します!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 2013年 MTB全日本選手権大会in 修善寺

結果  4位

開催日 7月20日(土)

開催地 静岡県 伊豆市 修善寺 サイクルスポーツセンター

天候  晴れ。時々曇り。

 

コースプロフィール / コンディション 

比較的上りの少ないコース。

上りは2カ所。下りの方は細かいコーナーが多かった。

周回数は8周+スターとループ1周。

 

  レポート

 

今年の全日本大会は、サイクルスポーツセンターを使った、初めてのコース。

初めて走るコースなので、今回はいつも以上に試走を念入りにした。

確りとコースを覚え、今日は体調も良い感じで会場に入る事が出来た。

今回はこの全日本選手権に向けて、2ヶ月間集中して練習をして来た。

身体もだいぶ絞って来たので、直前での体調が心配だったが、調整は上手く行き体調は良い。 ジョーさんのマッサージのお陰もあり、今回は身体の張りも程良い感じだ。

 

 

 今回のスタート順は5〜6列目?

2列目からのスタートと聞いていたので焦った。想定していたスタートの位置取りや展開イメージがすっかり代わってしまい、その修正が効かぬままスタートラインに立ってしまう。

イメージ修正が効かぬまま列に並んでしまったので、位置取りをミス。

雷太さんの指示は、左側に並べと言う事だったが、思わず左から2〜3番目に並んでしまっていた。

 スタートのピストルが鳴り、レースはスタートした。

 

左から被せるように出て行けと指示が出ていたので、左から前へ出ようとするが、中途半端な左側に並んでしまったので、やや集団に埋もれてしまい抜け出すのが遅くなった。

左側に出た頃には、既に上りに入っていたかな?あまり覚えてない。今回は左に抜ける事に必死で、レース全体の動きが全然見えていない。

そこからは迎え風が強かったので、安易に飛び出さして風避けにされる事を恐れ、様子を見てしまった。

コーナーで上り終わりが見辛く、踏むタイミングが遅れてしまい、イメージしていたより悪いポディションで下りへ入ってしまう。

 スタートループでは思わず本コースのコーナーに間違って入りそうになった事と、立ち上がりのコーナー2カ所で前方の選手のミスで詰まってしまい、リズムとスピードを失ってしまう。

本コースに入り、直ぐ目の前を先頭集団が走る。その先頭集団に追い付きたいが、その距離が微妙に縮まらないまま、その微妙な距離は少しずつ開いて行く。

 2周目に入り、まだ近くに先頭2人が見えるが、追い付く脚や余裕が無い。

武井さんとパックになったので、2周目途中から先頭を交代しながら走るものの、前との差は開いて行く。

 3周目に入り、武井さんが疲れた&諦めたのだろうか?前を引かなくなった。

それでもスタートゴールエリアだけは前を引いて貰って、少し休む様にした。

そこにVictorから前を引くなと言う強い指示が出たが、ここで脚を止めたら先頭には絶対に追い付かないし、後ろからも追い付かれると思い、4周目もそのまま引き続けた。

 

5周目途中。先頭との差が2分近いと聞いて、ここから前を引くのを控えた。後ろも1分ちょっと離れているし、これ以上前を引くのは自分に不利だ。

今までシングルは自分が前で走っていたが、この周回は武井さんが前。

お互いのリズムが代わるので、お互いリスクが少し高くなるから注意。

と思っていたら、武井さんが下りで転倒した。単独となり、そのまま一人で走って行く。

アタックする可能性を考えて、少し控え目に走っていた面もあるので、ここからリズムを上げて行こうと意識。しかし、この時少しずつ力が抜けて来ているのを感じていた。

お腹が空いている時のスカスカ感と似ている感じだ。ボトルを取るのに手間取って、ジェルを摂れていなかったので、恐らくそれだろうと思い、次の周回でジェルを摂る事に集中した。しかし、そこでジェルを摂る事が出来なかった。次の下りのフィードでジェルを用意してもらい、どうにか補給。しかし既に集中力が少し低下して来て、少しリズムが悪い。

ボトルも途中までSAVASウォーターの摂取量が少なかったので、全体的にエネルギーが切れている様に感じた。

最終周回に入り、後ろから4050秒差で追われていると言われた。

恐らく健さんだと直ぐに分かる。が、もうペースが上がらない。

とにかくミス無く、全体のペースを上げる事に集中。

しかし最後のゴール手前のフィードエリア手前で追い付かれ、刺された。

もう集中を崩さない様にするので必死だったので、追い付かれた段階で、もう何も出来なかった。

呼吸や頭や身体はそんなに苦しくないが、もう身体が動かなくて、もうどうしょうも無く抜かれてしまうのが悔しくて仕方なかった。

ゴールエリアも怒りに溢れる気持を抑えながらゴールラインを切った。

 

2ヶ月間ここに向けてして来た練習はとても上手く行き、直前の調整も上手く行った。

しかし、今日という日を上手く完成させる事が出来きず、ただ悔しくて仕方なかった。

もっと色々と出来る事が有ったし、レースを走っていても余裕が有った。それでも上手く行かず、表彰台にも上がる事が出来なかった。

どうしてこうなってしまったのか? 納得する事が出来ず、とても悔しい思いが込み上げる。 ああする事が出来た。こうする事が出来たと。頭に浮かぶ。

 

でもこれがレースであり、今の僕の実力なのだと思う。

それでも僕は思う。この結果に納得はしてはならないと。

結果は確りと受け入れても、この結果で納得してはならないと僕は思う。

これは僕の考えでは無く、感情であり、こんな走りでは納得出来ないという思いだ。

だからこそ、この気持は捨てない。次のレースでは結果を出すしかないと強く思う。

だから次は負けない。

闘争心剥き出しで走ろうと思う。

ありがとう!

 

最後になりましたが、

レースをサポートして下さったチーム・スポンサーの方々。

今回大会を運営して下さった方々。

レースを応援・観戦して下さった方々。

共に戦った全てのライダーと、そのライバルチームの方々全てに、

感謝の意を伝えたいです。

本当にありがとうございました!

お陰様で、熱く充実した2ヶ月間を過ごす事ができました!

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

平野 星矢

 

 

使用機材

バイク     ANCHOR プロトタイプ
コンポーネンツ SHIMANO XTR

ホイール    SHIMANO XTR
フォーク    SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル        
SHIMANO PRO XCRカーボンワイド・660mmバックスイープ9°
ステム          
SHIMANO PRO ステム100mm
シートポスト   
SHIMANO PRO VIBEカーボンシートポストJ

サングラス     KABUTOOGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット      KABUTOOGKレジモス ANCHORMTBチームカラー
シューズ     SHIMANO SH-M315

インソール   友永さん特性インソール! (ERGOMOTION) エルゴモーション!

ウエア     Wave One 半袖タイプ・レーパンのショートタイプ・靴下(白・赤)

グローブ    KABUTO(OGK) PRG-2

 

サプリメント   サプリメント  Water,
SAVAS(明治製菓)

SAVASスポーツウォーター 

ピットインリキッド    3本

リカバリーメーカーゼリー 1本


もう6月です。

2013年6月11日


気が付けば、またまたブログに手を付けていない。
最近はFacebookをマメに更新していたので、ブログは放り投げ状態だ。
そろそろ更新しないと、その存在を忘れてしまいそうなので、今日は更新してみました。

しかしながら内容は特に無く、ネタ切れ状態。
元々ネタなんて無いけどね。
とりあえず今日の写真。
20130610_113058.jpg
走り出して直ぐに空腹状態になり、駆け込みました。
回復走レベルでの4時間未満のライドだったので、気持緩い感じで補給。
肝心のサンドイッチは美味そう過ぎて、写真無し。気が付けば胃の中です。
もう恒例ですね。
この写真無しのサンドイッチの内容ですが、、、
炒めたタマネギとチキンをパンに挟んで、そこにLサイズ規模のフライドポテトを更に無理矢理挟んだジャンクフード・サンド。

夢のジャンクフード。
しかし、これは夢のようで現実。
現実に立ち返り、悪夢を取り払うように夢のフライドポテトを振り払い、食べた。
微妙に夢を残しつつも、現実を見つつ。でも夢は残したい。
少しの淡い夢を叶えつつ。

フランスでは芋の事をポム・デ・テール(大地の林檎)という。
僕にとっては禁断の食物だ。
気をつけろ!
神の鉄槌はボディブローの様にジワジワ腹に来る!!!






26になっちゃいました。

2013年5月16日


いつの間にか26になりました。
あっという間の26年間。。。
この調子だとあっという間に人生終わると気が付いた、今日この日。

やりたい事は早く。
何事も待ってなんかいられない。
やりたい事は全てやっちゃうよ。待ってなんかいられない。
あとの残りの人生でれる事。そんなに多くはないだろう。
興味ある事。気になる事。まだ見た事が無い景色・食べ物・世界。
全部やれる事はやっちゃうよ。

やれる事。やれない事。
まだまだ分からないよ。そんな物。
全部やっちゃうよ。

親に生んでもらった事。
育ててもらった事。
今までに出会った全ての人達。
今の自分を構成するのに関わった、全ての物と時間と出会いに感謝。
そして自分という存在が、ここに存在する事に感謝。


自分は不自由なき先進国で生まれた。戦後の経済が安定した平和な国で。
今は食に困る事は無いし、外的から死の危険にさらされる事も無い時代。
そんな時代に生まれてきた自分に出来る事。
今はそんな時代に生まれて来たからこそ、迷う時間も多い。

今世界には人口70億もの人がいて、自分がやらなければ他の誰かがやる時代だ。
自分がやらなくったって、他の人がやるよ。
そんな時でも自分にしか出来ない事。それは自分がやりたい事じゃないかと思う。
自分がやりたい事は『自分自身』でしか出来ないし、
自分の願望を成し遂げるのは、自分自身にしか出来ない事。

自分自分うるさいが、他に代わりがいくらでもいるこんな時代だからこそ、
生きる事に何の不自由もない今だからこそ、
僕はそう思う。

世のため、日本のため。僕はそんな大義のためではなく、
自分のため。そして自分が大好きな人達に喜んでもらうため。僕は頑張るよ!




鶏の胸肉ついて色々と考えてみた。

2013年5月13日


最近鶏の胸肉について、ふと考える機会があった。

先週のホームステイ先の家族とその友達と、夜のディナーを食べた時の事だ。
鶏の丸焼きを切り分ける家の主が、『どこの部分が食べたい?』と僕に聞いてきた。
僕は『どこでも良いよ』と答えた。
実際どこでも良かったが、アスリート気触れの僕としては、胸肉で良かった。
日本では胸肉はあまり好まれないので、ここが日本だったら迷わず鶏胸肉で良いですと答えたが、ここはフランス。フランス人はどちらを好むのだろうか?
と言うのも、フランスのスーパーに並ぶ鶏の胸肉は、他の部位よりもなぜか高い事が多いからだ。

家の主は僕に笑顔を見せ、脚のもも肉の部分を取り与えてくれた。
それを見て、フランス人も大概の人は 脚のもも肉が好きなのだろうと感づいた。
じゃあ胸肉は?
最後に残った胸肉を、悲しそうに自分の皿に盛る家の主を見て、僕はそれを悟った。
僕も少し悲しい気持になった。
家の主は胸肉の皮の周辺の部位だけを食べて、あとの残りの筋肉の部分を残した。


僕は思った。
なぜフランス人は鶏胸肉がそんなに好きでは無いのに、鶏の胸肉が高価な値段で売られているのだろうかと?
もっと安ければ、普段から買うのに。その方が食事の管理も楽で良いのにと。
スーパーで売っている肉類は、全体的に日本よりも安いように思うし、わざわざ鶏胸肉を買う理由があまり見当たらない。

そして出した答えが。
鶏胸肉は、サンドイッチや サラダに使われているから、需要も多く値段も高い説。

そのままでは あまり美味しくは無いが、極上のオリーブオイルとチーズ。そして焼きたてのパンと挟めば美味しい!
需要があるから値段が高い。そうか。そういう事か!

しかし、何かが腑に落ちない。本当にそれだけの事なのだろうか?
スーパーにズラッと並んでいるのを見ると、一般家庭で普段から食べられているのではないだろうか? そこはどうなのだろうか?
ん〜〜。

そして思い浮かんだ、もう一つの説。
鶏のもも肉は骨が付いているから面倒くさい。
でも、胸肉は骨がついていないから簡単で面倒くさくない説。

これはかなり有力かもしれない。
フランス人はかなりの面倒くさがり屋が多く、まともに調理している姿を見た事が無い。
この時のディナーも、野菜の缶詰/鶏の丸焼き/チーズ/ケーキと、
全てがスーパーで買ってきた物。
基本的に調理。下ごしらえ、手の込んだ事をするのが苦手な風に思える。
失礼だが、ここフランスが世界三大料理の一画だとは思えない。
上流階級はどうかは分からないが、一般家庭では調理すると言うより、スーパーで出来合いの物を買って、買ってきた肉をそのまま焼いて出すだけと言った感じだし。
レストランも盛付けは綺麗かも知れないが、そんな大した調理してる所は少ない。

ん? ああ。
そうか。だからおいしいパンとチーズとオリーブオイルに挟むのか、、、

本当にそういう事なのかは分からないが、きっとそういう事だろう。
それでも飯が美味いという事が、世界三大料理と言われる所以かもしれない。
調理済み、もしくは調理しなくても美味しい料理が多い。

パンは凄まじく美味しいし、ケーキも美味しい。
ワイン・チーズも美味しい。オリーブオイル・ハム。甘いお菓子も美味しい。
世界に誇れる食材が豊富な国。
やっぱり世界三大料理の一画だわ。




Photo Gallery


Archives

カテゴリー最新記事

トルコ遠征。レース②
トルコ遠征。レース①
イスタンブールのレース。
白馬大会
醒める事のない退屈。日常の連続という悪夢。
東ティモールのレース
フィリピンの海へ行ってきます。
カナダ・アメリカ遠征
アメリカのでのレースレポート
カナダでのレースレポート
全日本選手権のレポート
面倒くさくて上げてなかったレポート②
面倒くさくてブログに上げていなかったレポート①
ブログもレポート書くのも面倒くせぇ、
八幡浜のレースレポート。
常夏のThailandからの、 真冬のJAPAN。
あけましておめでとうございます。
出会いと別れに感傷的になった、フィリピンでの2週間。
CJ-1 一里野大会
CJ1妙高競争報告

2017年

11月 [2]
10月 [2]
9月 [2]
8月 [4]
7月 [4]
4月 [1]
2月 [1]
1月 [1]

2016年

11月 [1]
10月 [1]
9月 [2]
7月 [2]
5月 [4]
4月 [1]
3月 [3]
1月 [1]

2015年

11月 [1]
10月 [3]
9月 [1]
8月 [1]
7月 [1]
6月 [1]
5月 [2]
4月 [1]
3月 [5]

2014年

11月 [2]
9月 [2]
8月 [2]
7月 [1]
6月 [2]
5月 [2]
4月 [2]
3月 [3]
2月 [1]
1月 [1]

2013年

12月 [4]
10月 [2]
9月 [2]
8月 [1]
7月 [2]
6月 [1]
5月 [6]
4月 [8]
3月 [4]
2月 [5]
1月 [5]

2012年

12月 [15]
10月 [2]
9月 [1]
8月 [5]
7月 [2]
6月 [7]
5月 [6]
4月 [10]
3月 [12]
2月 [9]
1月 [8]

2011年

12月 [5]
11月 [9]
10月 [12]
9月 [10]
8月 [19]
7月 [14]
6月 [12]
5月 [10]
4月 [16]
3月 [11]
2月 [10]
1月 [9]

2010年

11月 [1]
10月 [1]
9月 [3]
8月 [1]
7月 [1]
5月 [1]

Schedule

2012年スケジュール
準備中
少々お待ちください
  • ANCHOR
  • OGK
  • adidas
  • holmenkol
  • savas
  • SHIMANO
  • WaveOne